スキップしてメイン コンテンツに移動

保育士の待遇改善や待機児童などのニュースに思う。

お久しぶりです。
お恥ずかしながら私は現在風邪を引いてダウンしております。
何とか仕事はこなしておりますが、もうろうとしている頭を必死になってフル回転させて紹介状や申し送りを作成しております。
ちなみにクリニックの方も什器や機材を少しずつ購入し設置を始めています。
余り患者さんの目に触れないところは新品同様のアウトレットや展示品で使える物は格安で購入しております。ただし何でも展示品なら安くて良いというわけにはいかず、特に患者さんの目に良く触れる物についてはクリニックのニーズやイメージに合うことを優先しています。それにスタッフのことも考え、患者さんの目につかないところも汚れが目立つ中古品は購入を控えております。
という体調なので以下、思ったことを手短に?書いておきます。

最近、保育士待遇や待機児童の話が世間を賑わせています。
今まで私が関わっていたのは主に病棟保育士さんであり、そして患者さん関係の相談事や講演会で保育園や幼稚園の先生方とも少し関わっていた程度です。
自分の知っている範囲では保育士さんたちは皆さん子供を和ませ本来の姿で遊ばせるのに長けている方々で、とても自分には出来ない仕事と常々思っています。
有る程度以上のスキルがある保育士さんを見ると、立派な専門職だと思います。
でも、保育士さんの待遇、給料はかなり実情に見合わないですよね。
そんな状況で自分に出来ることはないのかと普段からぼんやりと考えていました。

今回当院のオープニングスタッフとしては複数の保育士資格者に勤務していただけることになりました。
正確には「是非当院で一緒に働きたいと考えた方々がたまたま保育士資格保持者だった」という方が適切です。
当院は小児科クリニックなので子供への対応が多いです。その際に保育士さんとしての知識、スキルは色々と役に立つことでしょう。
更に当院で行う予定である経口食物負荷試験では2〜3時間は院内に子供たちにいてもらう必要があります。そのまま子供たちがクリニック内に3時間閉じ込められたら大抵のお子さんは飽きて泣き出したり暴れ出したりします。そんなときに保育士さんのスキルは絶大なる威力を発揮します。
医学的な説明や対応は主に医師や看護師などの役目ですが、保育士さんでも子供たちの異変を発見し、例えば「○○ちゃんの口の周りが赤くなっています」「○○ちゃんの呼吸がおかしいです」と声をかけていただくことは十分に可能ではないでしょうか。むろんそのための基礎知識と教材は提供しますし、学んでいただくことが前提です。
当院はまだ準備中のクリニックなので余り大きなことは言えませんが、今回参加してくれるスタッフや将来参加してくれるであろうスタッフに対し、保育士さんとしての資格、肩書きだけで無く専門的なスキルに対しても出来るだけ積極的に評価したいと思っています。
また、当初からは出来ませんがクリニックの運営が軌道に乗り、かつ適切な場所があれば病児保育のニーズもかなりあるのではないかと現時点では考えています。病気の時に病児保育に子供を預けて勤務できるのはかなり大きいことである、ということを特に現在の職場で学びました。

あと、蛇足かもしれませんがあえて書いておきます。
一つの資格、専門分野だけでは厳しい場合、「複数の専門分野を持つ」というのも有効な手かもしれません。
ただ「保育士」であるだけでは仕事、収入として厳しいのであれば、「保育士」×「他のスキル」を掛け合わせると貴重な人財(余談ですが「人材」というより「人財」という言葉の方が私は好きです)になる可能性があります。
例えば「保育士」×「IT」だと片方のスキルを持っている人はありふれていても両方のスキルを兼ね備えている人は意外と少ないのでないでしょうか。両方がしっかりしていれば今時、どこかで必ず特別なニーズはあるでしょう。
ちなみに当院で勤務していただく場合には例えば「保育士」×「受付、医療事務」という2つのスキルを活用していただくことになります。
そんな院長も一応「小児科、アレルギー科」×「教育工学(Instructional Design), IT」という複数の軸を持っています。複数の軸を持っていると物事の見える幅や出来る仕事の幅、更には友人の幅が広がり、人生経験としても色々興味深いです。

現状に対してみんなで声を上げることは当然大事だと思いますが、その一方自分が実際に実践したこと、する可能性が高いことを元にして私なりの提案を書いてみました。
皆様のご意見はいかがでしょうか。
(現実はもっと厳しい、などのご意見もあるかもしれませんね、、、)

もう少し体調が戻ったらクリニックのマークについても書いておきたいですね。
ではまた。

コメント

このブログの人気の投稿

十日市場地域の親御さん方、基礎疾患がなくても当院でコロナワクチン接種が可能です!(8月6日追記あり)

 今晩は。 当院は8月5日まで、ちょっと早めの夏休みをいただいております。 8月1日、日曜日は緑区休日診療所の当番でしたが発熱でご来院される方が結構いらっしゃいました。 風邪がまだ流行っているときに休みを取ってしまい大変恐縮ですが、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。 その代わりお盆期間は通常通りの診療を行っております。 オリンピックの結果に一喜一憂されている方もいらっしゃると思いますが、個人的にはそれよりもはるかに 新型コロナウイルス感染症の爆発的な感染拡大 が気になっています。 大人が罹った場合普通の風邪やインフルエンザに比べて明らかに重症化率、命に関わる率や後遺症で苦しむ方が多いのでやはり危険な感染症であると個人的には考えています。 重症、つまり命に関わる危篤状態まで行かなくても中等度、酸素が必要だったり一人で満足に動けない状況になっても首都圏では入院出来るとは決して限らない状況になってきています。 新型コロナウイルス感染症にならないためにはまずは感染対策、手洗いマスクに3密回避が必要です。加えてコロナワクチンは感染率、重症化率などを下げられる、つまり皆さんが新型コロナウイルスに罹る率や酷い症状の(時には命に関わる)率を下げられるので大人には強くお勧めしております。 先日も告知させて頂きましたが新型コロナウイルスワクチン(コロナワクチン)の接種を当院でもわずかながら開始します。 ワクチンを接種した高齢者の罹患率、入院率、重症化率は明らかに減っているのですが、まだワクチンを打てていない大人の感染が爆破的に増加している印象を受けます。 当院として出来ることはなるべく多くの大人、特に十日市場地域の親御さんにコロナワクチンを接種すること だと考えておりますが、ワクチンもある程度以上の数はオーダー出来ず(しても削られます)、当院が接種出来る患者さんには限りがあるので色々もどかしい思いです。 ただ当院としては コロナワクチン予約枠の空きがまだあります ので、 可能な限り十日市場地域の親御さんを中心とした多くの方に御利用いただければと思います。 一応現時点では基礎疾患がある方が対象となっていますが 8月6日から基礎疾患がない方でも接種可能になります。 現時点の感染状況からすると1人でも多くの大人にワクチンを接種する方が大事ではないかと判断しております。 宜しければ明らかな基

コロナワクチン接種最終予約は満員になりました。

  今晩は。 外はかなり涼しくなりましたが皆様体調は如何でしょうか。 大変恐縮ながら院長は先日体調を崩してしまいました。 症状は頭痛と倦怠感のみで他の症状は無かったのですが、このご時世ですので万一のことを考えて8月30日から9月1日までの3日間は休診させていただきました。 幸い体調も回復しコロナウイルスの迅速検査を繰り返し行い陰性を確認したため、9月3日(金)より通常通り診療を再開致しました。 休診中の期間に当院を受診希望されていても出来なかった皆様にはこの場をお借りしてお詫び申し上げます。 皆様も体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。 さて、当院では新型コロナウイルスワクチン(コロナワクチン)の接種を8月上旬から細々と行っています。 8月中は神奈川県内、横浜市内も新型コロナウイルス感染症の感染爆発が起きてしまい、8月後半は当院としても対応に大変苦慮しました。 現在流行している新型コロナウイルスデルタ株は小児でも感染するため、9月以降に学校や幼稚園が再開してどうなるか心配しております。 当院として出来ることはなるべく多くの大人に加えて12歳以上の希望されるお子さん、特に十日市場地域の親御さんと妊婦さんにコロナワクチンを接種すること だと考えておりますが、当院の通常業務つまり当院を受診して下さる患者さんにご迷惑をかけずに接種出来るワクチン数にはどうしても限りがあります。 当院としては集団接種でなるべく多くの方が効率的に接種出来るに越したことはないと考えておりしばらく様子を見ていたのですが、現時点では引き続き当院でもコロナワクチンの接種を行った方が皆様に貢献出来るのではないかと判断しました。 よって、9月下旬から10月末までの期間となりますがコロナワクチン接種枠を追加で設定することにします。 当院としては「必ず」お守り頂きたいのは以下の事項です。 ★ 年齢制限:12歳〜64歳(これは予約システムで自動的に制限されます) ★ 高校生相当の方までは保護者1名の同伴必須  18歳以下、高校生相当の方が本人のみで来院された場合は接種をお断りします。 ★ 1回目のコロナワクチン接種の3週間後、必ず同じ日時に2回目のコロナワクチン接種を行うこと ★ 無断キャンセル厳禁  万一予約時間までに連絡無くワクチン接種にお越しいただけなかった方(無断キャンセル)は、今後当院の予約利用を一切

7月28日からコロナワクチン接種をわずかに承ります。

今日は。  いつの間にか梅雨も明け、暑い日々が続きます。  7月に入っても風邪で当院を受診される方が非常に多いです。  体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  さて、当院でも少しだけですが新型コロナワクチンの接種を行うことにしました。 少々長い文章になってしまいますが、当院での接種をご検討いただいている方は必ずご一読ください。  最初に申しておきますが、今回の接種はかなり制約が多いうえに接種出来る人数がかなり少ないです。  もう少し時が経てばより色々なところで制約の少ない状況での接種が出来るようになる可能性が高いので、どうしてもという方、 ぴったり以下の条件に合う方以外は無理に今回の当院の接種枠を使おうとせず、もう少し時を待った方が宜しいのではないかと考えております。 ※ 以下の文章は状況に合わせて後日一部修正する可能性があります。修正箇所はなるべく分かる様にしますが予めご了承下さい。  ★コロナワクチンを接種した方が良いのはどんな人?  当院では基本的に18歳以上の成人、親御さん方はコロナワクチンを接種することをお勧めします。  成人であればコロナワクチンを接種することにより実際にかかって重い症状が出ることをかなり防げますし、コロナにかかるのもある程度は防げるというデータが出ています。  確かにワクチンは接種することにより副反応、その人に良くない症状が出ることもありますが、ワクチンを打ったときと打たないときでコロナにかかる率や症状の重くなる率を天秤にかけて考えると、 成人の方はコロナワクチンは接種しないよりした方が比較的安全に健康に過ごせる可能性が高い と当院では判断しています。  なお、12歳から18歳までの方に関しては新型コロナウイルス感染症で重症な症状が比較的出にくく、発熱などの副作用はある程度出る率があります。一方、より多くの方がコロナワクチンを接種することによりうつし合いを防げるというメリットがあります。  色々意見が分かれる所ですが、現時点では18歳未満の方は当院予約システムからの予約が出来ない仕様になっています。  今後出てくるデータや社会状況次第では予約を開始するかもしれません。 ★今回当院がコロナワクチンを接種したい方  ○  横浜市在住の18歳以上65歳未満の方、特に当院通院中の患者さんの保護者   ※横浜市以外に在住の方は接種出来ません。