スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2022の投稿を表示しています

診療体制を一部変更します!:Web予約・Web問診必須、発熱外来新設

  今晩は。  今週から明らかに十日市場や周辺地域の小児にもコロナウイルス感染症が急激に広まってきています。  当院でも今週新型コロナウイルス陽性の方が出ており、周辺の多くの小学校などから学級閉鎖の情報が届いております。  新型コロナウイルス感染症の拡大状況次第と症状からすると、 今後風邪の方のなかに新型コロナウイルス感染症の方が紛れ込む可能性が高い です。  幸い普段は元気なお子さんが新型コロナウイルスに感染しても殆ど重症化しないことは分かってきていますが、受験生を筆頭として感染した方にとって社会的なダメージはかなり大きいものです。元々の病気がある方や小さいお子さん、妊婦さんがかかると多少リスクが上がることも既に分かっています。  いつかはみんながかかるウイルスかも知れませんが、まだ現時点では「 新型コロナウイルスはなるべくうつし合いを防ぐべきウイルスである 」と当方では判断しています。  当院に定期通院されていて風邪を引いていない方には引き続き安心して通院を続けていただけるように、かつ体調が悪い十日市場地域のお子さんにも出来る範囲で対応することを両立することが必要と考えています。  そのために急ではありますが、早速明日、1月26日(水)より以下の様に変更させていただきます。 1. 今後当院を受診される際には Web予約 、 Web問診 が必須となります!  まずお願いしたいことは、 当院では今後診察前に「全ての診察には事前の Web予約 が必要であり、予防接種以外の全ての診察では事前の Web問診 入力完了が必要」となります。  ※一部乳児健診の Web問診 では入力内容が不十分なものがありますが、とりあえず入力をお願いします。今後適宜修正していきます。   アレルギー外来、一般診療、発熱外来(後述)では両方の入力が済んでいる方はクリニック内に入れますが、未入力の方は入れません。(入り口にも掲示させていただいております)  ご来院いただいたとしても両方の入力が済んでいない方はいったんクリニック外に出て頂き、両方の入力が完了して予約の順番が近づいてから改めて入って頂きます。 2. 発熱、咳などの方は「発熱外来」の時間の予約、受診をお願いします!  そして当院に受診してくださる多くの風邪を引いていない患者さんやスタッフを新型コロナウイルスのうつし合いから守るため、当

2022年初頭の挨拶に代えて:ワクチンに関する四方山話

ご無沙汰しております。 久々のブログ更新になります。 私事ながら院長は喪中のため新年の挨拶は控えさせて頂きます。 お正月が明けてから日本でもコロナウイルス感染症が急速に拡大しつつあります。 現在流行しているオミクロン株はとにかく「拡がるスピードが早い、非常にうつし合いやすい」のが特徴です。 幸い重症化する、症状が酷くなる率は低いのですが多くの方がかかってしまった場合には重症化する方が増えていきます。(下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、というのと同じです) コロナウイルス感染症にかかった場合社会的にも対応が色々大変です。 東京や神奈川では集団での食事会、飲み会は当分の間、感染状況が落ち着くまでは我慢した方が良さそうですね。 個人的にも非常に残念ですが、これ以上経済に悪影響が拡大する前にしっかり対応した方が皆様のためではないかと思います。 昨年はワクチン関連で当院も含めた小児科クリニックは振り回されていました。 今年は多少落ち着くことを願っています。 以下、昨年話題になったワクチン関連のよもやま話を少し書いておきます。 1. コロナワクチン(成人)  2回目接種後の発熱など副反応(副作用)も出るワクチンですが、罹ったときのリスクと比べると明らかに接種した方が良いワクチンです。  昨年8月から10月にかけて、当院でも12歳以上の方、主に親御さん世代に対してコロナワクチンを接種させていただきました。  患者さんもさほど多くないはずの時期であり、地域医療としては皆様に少しでも貢献出来ればと思い接種させていただきました。  地域の皆様のニーズには微力ながら少しは応えられたのではないかと自負しております。  ただ、コロナワクチンに関しては準備に色々手間がかかるためその分時間を取られてしまいました。特に土曜日午前中の診察を大幅に縮小せざるを得なくなり、結果的に予約がすぐに埋まってしまい当院受診を希望されている多くの患者さんに対応出来ない状況になってしまいました。個人的には非常に心苦しく、色々考えながら診療をしておりました。  受診出来なかった方にはこの場を借りてお詫び申し上げます。  当院は2〜3月に患者さんが多くなる傾向があるため、少なくとも3月末までは当院でコロナワクチンの接種は行わない方針です。 2. コロナワクチン(小児)  今後5歳から11歳の小児向けにもコロナワクチン接種が開