スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最近の投稿

2022年初頭の挨拶に代えて:ワクチンに関する四方山話

ご無沙汰しております。 久々のブログ更新になります。 私事ながら院長は喪中のため新年の挨拶は控えさせて頂きます。 お正月が明けてから日本でもコロナウイルス感染症が急速に拡大しつつあります。 現在流行しているオミクロン株はとにかく「拡がるスピードが早い、非常にうつし合いやすい」のが特徴です。 幸い重症化する、症状が酷くなる率は低いのですが多くの方がかかってしまった場合には重症化する方が増えていきます。(下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、というのと同じです) コロナウイルス感染症にかかった場合社会的にも対応が色々大変です。 東京や神奈川では集団での食事会、飲み会は当分の間、感染状況が落ち着くまでは我慢した方が良さそうですね。 個人的にも非常に残念ですが、これ以上経済に悪影響が拡大する前にしっかり対応した方が皆様のためではないかと思います。 昨年はワクチン関連で当院も含めた小児科クリニックは振り回されていました。 今年は多少落ち着くことを願っています。 以下、昨年話題になったワクチン関連のよもやま話を少し書いておきます。 1. コロナワクチン(成人)  2回目接種後の発熱など副反応(副作用)も出るワクチンですが、罹ったときのリスクと比べると明らかに接種した方が良いワクチンです。  昨年8月から10月にかけて、当院でも12歳以上の方、主に親御さん世代に対してコロナワクチンを接種させていただきました。  患者さんもさほど多くないはずの時期であり、地域医療としては皆様に少しでも貢献出来ればと思い接種させていただきました。  地域の皆様のニーズには微力ながら少しは応えられたのではないかと自負しております。  ただ、コロナワクチンに関しては準備に色々手間がかかるためその分時間を取られてしまいました。特に土曜日午前中の診察を大幅に縮小せざるを得なくなり、結果的に予約がすぐに埋まってしまい当院受診を希望されている多くの患者さんに対応出来ない状況になってしまいました。個人的には非常に心苦しく、色々考えながら診療をしておりました。  受診出来なかった方にはこの場を借りてお詫び申し上げます。  当院は2〜3月に患者さんが多くなる傾向があるため、少なくとも3月末までは当院でコロナワクチンの接種は行わない方針です。 2. コロナワクチン(小児)  今後5歳から11歳の小児向けにもコロナワクチン接種が開

今年のインフルエンザワクチン接種ではWeb問診を御利用下さい!

今晩は。 朝晩は涼しくなりましたがまだ半袖で過ごす日々が続いています。 先週から咳、鼻水の風邪の方や喘息発作の方が少しずつ増えています。 体調管理にはくれぐれもお気をつけ下さい。 さて、当院では以前よりWeb問診を積極的に活用することにより診察を効率的・効果的に運用しています。 最初は普通の診察時のみ使っていたのですが、今では乳児健診でも活用出来ています。 そして、 今年のインフルエンザワクチン接種の問診票もWeb問診で行うことにしました 。 現在、当院のスマホページでは下の方にWeb予約、Web問診のボタンが常に一番下にあるように設定されています。 このオレンジのWeb問診のところを押していただくと、Web問診のページに飛ぶことが出来ます。 そして、現在Web問診のページにはインフルエンザワクチン問診票の項目を設定してあります。 こちらでインフルエンザ(ワクチン)予防接種の項目を選んでいただくと今まで手で書いていた問診票の内容がスマホから入力出来ます。 来院前に予め入力しておいていただくと、他の項目と同様にクリニックでは体温を測定して受付スタッフに伝えるだけで準備完了となります。 今年はインフルエンザワクチン予防接種でも、是非Web問診をご活用下さい!! 今年始めて当院でインフルエンザワクチンを接種する、そもそも当院を受診するのが初めての方もいらっしゃるかと存じます。 その場合 当院の診察券番号がなくてもWeb問診の入力は可能です! ご遠慮なくWeb問診の入力をお願い申し上げます。 なお、アレルギー外来の時間にインフルエンザワクチンを接種する方もいらっしゃるかと思います。 その場合、 いつもの「再診問診票」や「舌下免疫療法問診票」だけでなく予めインフルエンザワクチン予防接種の問診票にも予め入力をお願い申し上げます。 ちなみにパソコン、大型のタブレットを御利用の方は以下のようになります。 当院HPの右側に「Web予約」「Web問診」のバナーがあります。 このWeb問診のバナーをクリックしていただくと、、、 スマホと同様に、インフルエンザ予防接種の問診票が選べますので予めこちらから入力していただけると助かります。 現在当院では予防接種の全ての業務、つまり一般診療、アレルギー外来、乳児健診にWeb問診を活用しています。 当院では引き続き、患者さんや親御さんがご自身の時間

4ヶ月健診、1歳半健診、3歳児健診はなるべく区役所での受診をお勧めします。(当院でも受診は可能です)

 今日は。 朝晩は涼しくなりましたが未だに昼間は半袖でないと暑い日々が続いています。 そして当院を受診されるお子さんを見ていると軽い咳、鼻水が出る風邪が流行っているようです。 体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。 さて、本日は1歳半健診、3歳健診についてのお話しです。 普通4ヶ月健診、1歳半健診、3歳健診は区役所で行われています。 ただ、2022年3月31日まで、区役所で実施されている4ヶ月・1歳6ヶ月・3歳健診が、特例措置として当院でも受診可能です。 しかし、当院としては基本的にこれらの集団検診は区役所で受けて頂くことをお勧めしています。 理由は以下の2つです。 1. 区役所の集団検診には院長や一部スタッフが参加しておりますが、感染対策には十分気を遣っており風邪のうつし合いの可能性は極めて低い状況であることを確認出来ています。  このご時世でコロナウイルス感染症を含めた風邪のうつし合いを気にされる方も安心して受診していただいて問題ない状況です。 2. 4ヶ月健診、1歳半健診、3歳健診は医師の診察だけでなく歯科医師、栄養士、保健師、助産師など他職種の方々が「一緒に」お子さんの育ち具合、親御さんの状況を確認する場所です。クリニックだけで全てが済むわけでは決してありません。  実際に当院で健診を行っても栄養士さんや保健師さんとの相談が必要になり、結局後日区役所に相談に行って頂く方の割合が(区役所で健診している時に比べて)非常に多い印象があります。  つまり当院が近いからといって当院で健診を受けても二度手間になることが多いです。  ただ、健診当日に風邪で受診出来ず保健所に問い合わせたら近くのクリニックでの受診を指示されたなどやむを得ない事情によりクリニックでの健診をご希望なさる方は当院でも健診は可能です。 その場合の手順は以下の通りです。 1. 区役所こども家庭支援課に問合せると健診票(青、黄、桃色の複写用紙)が入手されます。 2. 上記用紙を入手出来たら、4ヶ月健診をご希望の方はWebより予約が可能です。  1歳半健診、3歳健診は診療時間中に当院にご連絡いただき、受診理由を確認したうえ当院側で予約をお取りします。 当院の臨時健診を受診される方に2つお願いがあります。 (これは他の健診、予防接種にも当てはまります) 1. 必ず来院前に問診票に全ての項目をご記載下さい。

2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(単独接種)

 このページでは2021年度インフルエンザワクチン単独接種枠についての説明を記載しています。 基本的な事項は 2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ) のページをご参照ください。 当院におけるインフルエンザワクチン接種の方法は以下の3つになります。 1. 通常の予防接種との同時接種     →上記については 通常の予防接種との同時接種 についてのページをご参照下さい。 2. アレルギー外来受診時のインフルエンザワクチン接種     →上記については アレルギー外来時のインフルエンザワクチン接種 についてのページをご参照下さい。 3. インフルエンザワクチン単独接種     →このページで内容を記載しています。   3. インフルエンザワクチン単独接種  普段風邪を引いたときに当院を受診してくださる患者さん、そして十日市場地域の親子にもなるべくワクチンを接種出来ればと考えています。  一方、当院の人手と入荷出来るワクチン量には限界がありますので誰でもいつでもウェルカム、とは言えないのが現実です。  上記1,2に該当する方は是非そちらをご利用いただければと思いますが該当しない方向けにインフルエンザワクチン単独接種枠、下の表の黄色枠を設けます。  接種回数としては基本的に以下の回数をお勧めします。     6ヶ月〜12歳:2回  13歳以上:1回  詳しい説明はまとめページの下の方に補足として記載しています。  複雑な内容ですが、ご興味のある方はご参照下さい。  こちらの予約枠はお子さん1人につき1枠ずつお申し込み下さい。   お子さん1名につき親御さん1名は一緒に申し込みが可能です。ただし、成人の方単独の予防接種は取れません。 他の内科クリニックなどでの接種をお願い申し上げます。  ご面倒をおかけして恐縮ですが、 インフルエンザワクチン予防接種の枠は必ず 1回分ずつご予約をお取りいただきますようお願い申し上げます。  運悪く当院で1回分しか予約を取れない場合、もう1回は他院で接種していただいても構いません。  ただ、いったん満員になってもキャンセルが出て枠が空くことがありますので空きを見つけた際には是非ご利用下さい。   例4-1:5歳、2歳の兄弟とお母さん、お父さんのインフルエンザワクチン接種希望  →インフルエンザ単独接種枠(上記表の赤枠の時間帯)

2021年インフルエンザワクチン(アレルギー外来受診時のインフルエンザワクチン接種)

 今日は。 このページでは、当院における2020年インフルエンザワクチン接種の方法、「アレルギー外来受診時のインフルエンザワクチン接種」について記載しています。 基本的な事項は 2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ) のページをご参照ください。 当院におけるインフルエンザワクチン接種の方法は以下の3つになります。 1.   通常の予防接種との同時接種  →上記については 通常の予防接種との同時接種 のページをご覧下さい。 2. 当院アレルギー外来通院中の患者さんと親御さんの接種     →上記についてこのページでは解説しています。 3. インフルエンザワクチン単独接種枠     →上記については インフルエンザワクチン単独接種枠 のページをご覧下さい。 2. 当院アレルギー外来通院中の患者さんと親御さん  今年も出来る限り、アレルギー外来でもインフルエンザワクチンを親子に接種出来ればと考えています。  アレルギー外来に関するまとめは以下の通りです。 1週~5週ごと 、2021年7月以降に月1回以上アレルギー外来を定期受診されている方 アレルギー外来で2回接種 が可能です。 当方でワクチン接種の予約をお取りします。 6週〜8週ごと 、2021年7月以降に2ヶ月間隔以内でアレルギー外来を定期受診されている方 アレルギー外来で1回+ 火曜日・金曜日夕方の 臨時インフルエンザワクチン接種枠1回の組み合わせ で接種が可能です。( ただし満員になる可能性があります ) 当方でワクチン接種の予約をお取りします 。 上記時間にご来院出来ない、ご希望なさる日時の予約が取れない場合は原則的に当方からの予約確保はいたしかねます。 可能な方は是非通常の予防接種・乳児健診との同時接種も御利用ください。 アレルギー外来のインフルエンザワクチン接種期間 11月1日(月)〜12月25日(土) なるべく11月中に1回以上接種を済ませることをお勧めします。 接種回数 接種回数としては基本的に以下の回数をお勧めします。     6ヶ月〜12歳:2回  13歳以上:1回  詳しい説明はまとめページの下の方に記載しています。ご興味のある方はご参照下さい。 値段 一律3,800円(年齢、回数にかかわらず) アレルギー外来でインフルエンザワクチンが接種可能な時間帯は以下の赤枠です。 (ただし

2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(通常の予防接種との同時接種)

 今日は。 このページでは、当院における2021年インフルエンザワクチン接種の方法、「予防接種との同時接種」について記載しています。 基本的な事項は 2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ) のページをご参照ください。 当院におけるインフルエンザワクチン接種の方法は以下の3つになります。 1.  通常の予防接種との同時接種  →上記についてこのページでは解説しています。 2. 当院アレルギー外来通院中の患者さんと親御さんの接種     →これらについては 当院アレルギー外来通院中の患者さんと親御さんの接種 のページをご覧下さい。。 3. インフルエンザワクチン単独接種枠     →上記については インフルエンザワクチン単独接種枠 のページをご覧下さい。 1. 通常の予防接種との同時接種 例えば11〜12月に1歳を迎えて他のワクチンも接種するタイミングの方、そして赤ちゃんはワクチンを打つけど自分がインフルエンザワクチンを接種する時間までは作れない、という親御さんは是非こちらの枠をご利用ください。  6ヶ月以上の方であれば、 「B型肝炎ワクチン3回目」 「1歳不活化ワクチン標準セット:ヒブ、肺炎球菌、4種混合」 「1歳生ワクチン標準セット:MRワクチン、水痘ワクチン、おたふくかぜ(自費)」 「1歳半標準セット:水痘」 「日本脳炎ワクチン」 「小学校入学前標準セット:MR、おたふくかぜ(自費)」 「二種混合(DT)」  上記項目など、 通常のワクチンと インフルエンザワクチンの同時接種が 通常の予防接種の時間帯 では可能です。  ご希望なさる方は上記と一緒に「インフルエンザ(同時接種、他ワクチンの予約必須、11月接種開始)」の項目もお選びください。  12歳までの方はインフルエンザワクチンを2回接種することがお勧めです。  2回のうち1回はインフルエンザワクチン単独接種枠で予約をお取りいただき、もう1回は通常の予防接種とインフルエンザワクチンの同時接種、という方法もお勧めです。  また、小さいお子さんを連れて親御さん自身が接種に行きづらいという声を大変多くいただいております。  よって、上記に加えて 「親インフルエンザ(子どものワクチン接種必須、11月〜12月接種)」の項目を選んでいただければ、当日は親御さんのインフルエンザワクチンも一緒に接種させていた