スキップしてメイン コンテンツに移動

当院を小児かかりつけ医に登録しませんか?

今日は。

当院も2024年5月6日をもって開院8周年を迎えることが出来ました。

いままで当院を受診してくださった患者さんに御礼申し上げます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


当院は開院以来十日市場の小児科クリニックとして、お子さんが風邪を引いた際や調子が悪い時の診察を行い、更に検査や治療が必要と判断した場合は無理せず適切な(時には念のため、やや早めの)タイミングで小児科医の在籍する大きな病院にお子さんを紹介させていただいています。

また当院では乳児検診、予防接種を行い健康相談や育児不安に対するご相談も承っております。発達障害に関しても(色々な検査や診断が出来るほどの専門家ではありませんが)親御さんのご相談に対応させていただき、必要と判断した場合には療育センターなど専門機関の受診をお勧めしています。また発達障害があると分かっている、親御さんから申し出があった方に対しては出来る範囲内で配慮した診療をしているつもりです。

当院は十日市場の小児科として、Web予約、Web問診を入力して受診してくださる多くのお子さんと保護者の方々に対して小児かかりつけ医の機能を果たしているつもりです。

いままで当院は小児かかりつけ医制度を十分に活用していなかったのですが、色々考えた結果2024年6月からは患者さん個別の登録を開始し、本格的に小児かかりつけ医としての診療を開始することにしました。

当院を受診されている6歳未満のお子さんの保護者の方は是非以下の文章をお読み下さい。

文章の内容を簡単にまとめると

  • ワクチン等を含めて当院を4回以上受診したことのある、現在6歳未満の患者さんは「かかりつけ医」として登録いただけます。
  • 「かかりつけ医」にご登録いただいた方には(明らかにお子さんの調子が悪い時など)緊急時の連絡用に限定した電話番号をお伝えします。
  • 「かかりつけ医」にご登録いただいた方は時間があるときに当院が作成した小児救急ミニeラーニングを利用可能になります。
  • 当院が休診でも他院小児科が診療を行っている場合は他院を受診していただいても全然構いません。
  • 内容にご賛同いただき6月以降の次回の受診時にWeb問診で予め同意書を入力、登録していただければ当方より診察時に登録者専用の電話番号やeラーニングのアドレスなどが記載された説明用紙をお渡しします。

なお上記はアレルギー外来などで定期通院されているお子さんの大半にも当てはめることが出来ます。

アレルギーで普段当院に通っているけど風邪の時もだいたい当院を受診されるというお子さんは当院でかかりつけ医登録をご登録いただけます。
一方、アレルギーで当院に定期通院しているけど予防接種や風邪の時は近くの小児科を受診しているという方は近くの小児科でかかりつけ医登録をしていただいても全然構いません。


以下、クリニックで皆様にお渡しし始めたパンフレットの文面をほぼそのまま掲載しておきます。


小児かかりつけ医制度とは?

病気の診療だけでなく発達相談や健康管理などを通して医療機関が子育てをサポートするために「お子様もかかりつけ医を持ちましょう」という国の制度です。

ワクチン等を含めて当院を4回以上受診したことのある、現在6歳未満の患者さんは「かかりつけ医」として登録いただけます。

※登録後に6歳を超した場合にはその時点で「かかりつけ医」の登録、および以下の対応の対象から外れますので予めご承知おきください。

また、まだ当院に4回受診されていない場合は、4回目受診時に小児科かかりつけ医制度にご登録をするようにいたします。


当院を「かかりつけ医」に登録された患者さんには以下のような診療を行います。

■急性疾患を発症した際の診療や、慢性疾患の管理等についての指導を行います。

■健康診断の結果を把握して、発達段階にもとづいた健康相談に応じます。

■予防接種の有効性・安全性に関する指導やスケジュール管理を行います。

■必要に応じて連携した専門の医療機関へ紹介をいたします。

■発達障害の疑いがある患者について、診療及び保護者からの相談に対応するとともに、必要に応じて専門的な医療を要する際の紹介等を行います。

■不適切な養育にも繋がりうる育児不安等の相談に適切に対応いたします。

■かかりつけ患者さんからの電話等による緊急の相談等に対して、原則として常時対応いたします。


かかりつけ医登録メリットその1:診療日の診療後数時間は当方で電話対応させていただきます。

当院では、診療日の診療後の数時間は当方で可能な範囲内で対応させていただきます。

「かかりつけ医」にご登録いただいた方には(明らかにお子さんの調子が悪い時など)緊急時の連絡用に限定した電話番号をお伝えします。直接電話を受けられない状況の場合は留守電で対応させていただきますが、当方で対応可能なとき、かつすぐにご連絡を差し上げた方が良いと判断した場合には数分以内に折り返しご連絡を差し上げます。

ただし「かかりつけ医」にご登録いただいていないお子さんおよび保護者の方からのお電話、予約変更などの緊急でない連絡、当方が対応出来ない場合に関しては折り返しの連絡をいたしませんのでくれぐれもご注意ください。


かかりつけ医登録メリットその2:ご登録いただくと当院オリジナルの小児救急ミニeラーニングが利用出来ます!

また、「かかりつけ医」にご登録いただいた方は時間があるときに当院が作成した小児救急ミニeラーニングを利用可能になります。(5月29日現在例題のみ載せています)

• 救急車を呼ぶのはどんな時?

• 夜間休日でも自分の足で救急病院にかかった方が良いのはどんな時?

• 翌日当院(など小児科クリニック)を受診した方が良いのはどんな時?

• 2,3日慌てず自宅で様子を見て良いのはどんな時?

 これらの大まかな目安を学ぶことが出来ますので、予め学んでおくと親御さんも安心出来ることでしょう。

 いざお子さんの調子が悪い時には冷静に適切な対応が可能になりますし、お子さんの調子が悪い時に内容を見直して判断の参考にすることが出来ます。

※2024年6月1日朝現在の問題です。


かかりつけ医登録のデメリットはありません!
が、以下の点は予めご承知おきください。

当院を「小児かかりつけ医」としてご登録いただくことによるメリットは上記の様にありますが、デメリットはありません。

例えば当院が休診でも他院小児科が診療を行っている場合は他院を受診していただいても全然構いません。この「小児かかりつけ医」を登録出来るのはお子さん1人につき1院にかぎられておりますが、当院を登録していただいたことにより他のクリニック受診を制限する意図は決してございません。

当院で登録した後に引っ越しなどの理由で他のクリニックに登録を変更したい場合はお気軽に当院受付にお知らせ下さい。他院からの変更も可能ですが、その際には登録されているクリニックにも解除したい旨をお伝えください。


夜間および休日のお問合せ

夜間および休日のお問合せについては以下にお問い合わせください。

  • 救急相談センター(#7119)
  • 子ども医療電話相談事業(#8000)
  • 横浜市北部夜間急病センター:平日夜間(045-911-0088)
  • 横浜市緑区休日急患診療所:休日の日中(045-937-2300)


当院を「小児かかりつけ医」に登録したい方は

当院受診の際にWeb問診で「小児かかりつけ医制度の同意書」を選択し入力していただくと、診察時に医師から同意書の内容について簡単に確認、追加説明をさせていただきます。

小児かかりつけ医制度の同意書

ご同意いただけましたら当方より登録者専用の電話番号やeラーニングのアドレスなどが記載された説明用紙をお渡しします。

当院をよく御利用される患者さんで6歳未満のお子さんは是非ご登録ください!

コメント

このブログの人気の投稿

2023年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

  今日は。  お盆は明け、日の暮れるのが早くなりつつありますが相変わらずの猛暑が続きます。  幸いお子さんの風邪流行はおさまりつつありますが、大人では新型コロナウイルス感染症の方がかなり増えているようすです。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  2023年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  かなりの長文になりますが当院での接種を希望なさる方は以下の文章を一通りお読みください。(要点はわかりやすい様に色などを使って強調しておきます)  その上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを一番下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 ★まとめ まず、当院の2023年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2023年10月10日(火)から当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 2022年9月17日(日)8時より 当院Web予約 から受付開始予定 予めインフルエンザワクチンに関する当院HP、ブログを確認し御了解頂いてからの予約をお願いします。 通常の予防接種時に本人や親御さんのインフルエンザワクチンを一緒に接種します!(事前予約制) 通常の予防接種と一緒に、6ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチン「のみ」の予約は例外なく当方で予約を取り消させていただきます。繰り返す方はアカウント停止対象となります。 アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種します! 普段のアレルギー外来受診時にご相談 ください! 多少制約があります。例えば土曜日午後のアレルギー外来では小学生未満の方の接種は行いません。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さんは「インフルエンザ単独接種枠」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 当院としてのお勧めの接種回数:2022年と同じです 2歳までの方はインフルエンザワクチンを2回接種することがお勧めです。 3歳から8歳までの方で昨年インフルエンザワクチンを接種していない方も2回接種することをお勧めします。  9歳以上の方、および3歳以上で昨年インフルエンザワ

乳児検診と予防接種を受けましょう!

おはようございます。 今日は休診日なので、昼時の更新です。 これからの時期、梅雨時は喘息発作が出やすくなる方がいらっしゃいます。 咳が1週間以上続いたり、夜に咳き込んで何度か起きてしまう方には受診をお勧めします。 さて、今日は当院における乳児検診と予防接種の話を書いておきます。 当院では月・水・金の14時半から15時半までの1時間を乳児検診と予防接種の時間帯としています。 まず、乳児健診について。 横浜市では「医療機関乳幼児健康診査(無料育児相談)」のシステムがあり、生後12か月(13か月未満)までに3回、無料で乳児健診を受診することができます。 実際には3ヶ月、7〜8ヶ月、1歳頃の3回受診される方が多いです。 当院では乳児検診と予防接種をほぼ同じ時間帯に設定しています。 なので当院では 3ヶ月健診や1歳健診を予防接種と一緒に済ませてしまうことをお勧めしています 。 例えば、まず2ヶ月時にヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが接種出来るようになります。 そこでお越しいただいた際に一言相談していただければ、4週間後のタイミングで3ヶ月健診と予防接種を同時に済ませることが可能です。 そのタイミングで 予防接種の枠は取れたけど乳児検診の枠が空いていなかった、というかたはご相談いただければなるべく同時に済ませる様に配慮します 。 次に、1歳健診で受診される際も予めご相談いただければ同じ日に麻疹・風疹ワクチンや水痘ワクチンも接種出来ます。 こうすると何度もクリニックに来る手間が省けるので親御さんも本人も楽なのではないでしょうか。 予防接種自体については先生によって色々な考えがありますが、私自身の考えを以下に書いておきます。 現在日本で行われている予防接種ワクチンでは、確かに接種した後に有害な反応が出てしまう方が残念ながらゼロではありません。確かに予防接種は「絶対」安全とは言えません。 一方、現在予防接種が行われている多くの病気はかかったときに取り返しのつかないような後遺症になったり命を落とすことがあり得るものです。予防接種を打たない場合これらの病気にかかる確率が格段に上がります。 現在の予防接種は「 予防接種をしたときの有害な反応はまれに起こりうるけど、予防接種をしなくてその病気にかかる確率と症状の方がはるかに重い、よって予防接種をして

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2023年8月)

  いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。  当院が開院してから7年余り、コロナ禍が始まって3年半が経過しました。  世間の状況に合わせて当院も診療体制を試行錯誤しながら少しずつ変更してきましたが、コロナ禍が収束しつつある現時点では風邪の方とそうでない方を厳密に分けることにより結果的に当院を予定通り、希望通りに受診出来る方が減っている状況となっています。  よって 2023年8月からは当日予約の診察は発熱・感染症外来を廃止し一般診療に一本化 、コロナ禍前の診療体制に戻す方針としました。  引き続き当院の受診を希望なさる皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を御利用していただくために「当院受診に関しての注意点」を少しずつ改訂し、以下にまとめて記載しておきます。 0. 原則的に当院が責任を持って診察させていただく患者さん ★  中学3年生までのお子さん  ○ 明らかに他の科を受診した方が良さそうな方はWeb問診を確認のうえメールで他院受診をお勧めすることがあります  ※ 高校生相当年齢以上の方でアレルギー以外の方は内科受診をお願いします。  ○ 子宮頚癌予防ワクチン、日本脳炎の救済措置などの予防接種は高校生以上でもなるべく承ります ★ 高校生以上で当院アレルギー外来に定期通院されている(=次回のアレルギー外来予約が入っている)患者さん ★ 以下の条件に当てはまる親御さん ○ 食物アレルギーの方 ○ 花粉症、アレルギー性鼻炎があり特に舌下免疫療法をご希望なさる方 ※ 以前は風邪症状のみの親御さんも診察していたのですが、新型コロナウイルス感染症流行に伴い一時中止しています。   1. 当院を受診される際には Web予約 、 Web問診 の入力が必須となります!  まずお願いしたいことは、 当院では受診前に「全ての診察には事前の Web予約 が必要であり、予防接種以外の全ての診察では事前の Web問診 入力完了が必須」です。  乳児検診、アレルギー外来、一般診療では両方の入力が済んでいる方はクリニック内に入れますが、未入力の方は入れません。(入り口にも掲示させていただいております)  ご来院いただいたとしても両方の入力が済んでいない方はいったんクリニック外に出て頂き、両方の入力が完了して予約の順番が近づいてから改めて入っ