スキップしてメイン コンテンツに移動

当院が大事にしていること その2:小児科医はこどもの代弁者です

こんにちは。

当院は現在大型連休をいただいております。

当院受診をご希望なさる患者さんにはこの1週間ほどはご不便をおかけしてしまい大変恐縮です。

昨年はゴールデンウィーク明けからしばらくの間院長がかなり多忙になってしまい(該当期間の記憶がほとんどありません)、その挙げ句に7月下旬にダウンして臨時休診でご迷惑をおかけしてしまいました。

その反省もあり今年は思い切って当院はゴールデンウィークに思い切ってまとまったお休みをいただくことにしました。

なので確かに長期連休はいただいているのですが、その間に遠方に旅行に行っているわけでは決してありません。

大半の日は自宅、たまにクリニックやカフェなどで溜まっているデスクワークをこなして過ごし始めています。

緑区内で当院以外のほとんどの小児科クリニックは暦通り診療を行ってくださっています。

体調がよろしくないお子さんは無理せず他院の受診をお勧めします。

ちなみに毎年以上に4月は保育園や幼稚園に入って風邪を引き始めた患者さんにご来院いただきましたが、例年よりは少し穏やかな印象でした。

すぎ花粉症の飛散具合も結果的に昨年ほどではなかったようです。


さて、当院の診療で大事にしていることの続きを書こうと思いながらなかなか筆が進まなかったのですが、まとまった時間をいただいたのでようやく書くことにしました。

第2回は「小児科医はこどもの代弁者です」という内容です。


第1回に記載したとおり、当院では患者さんの今だけでなく将来を見据えた治療を行っています。

今は(親御さんにとって)大した問題に見えないとしても小児科医の視点からすると将来このままではまずい、後遺症で将来お子さんが余計な負担、病気を背負う可能性がある状況を目にすることがあります。


例えば赤ちゃんの皮膚が多少荒れているのを親御さんから見るとちょっと赤い、ちょっと機嫌が悪い程度にしか思わないかも知れません。

でも分かっている小児科医、アレルギー専門医からすると「将来本人が困るアレルギーのもと」であり、しっかり治療をすべき状態なのです。

親御さんが今、あと数ヶ月でも1日2回、ティッシュが張り付くくらいべったりステロイドや保湿剤を頑張って塗って皮膚をきれいにしてくれればお子さんは将来色々なアレルギーで困る可能性が減るのです。


親御さんにも他にすべきことが山ほどある、仕事や家事もあり色々苦しい時期なのは重々承知していますのでこちらの考えのみをおしつける、ただ注意するのみにはしないように心がけています。

かといって荒れている将来のある赤ちゃんの皮膚をそのままにしておくわけにはいきません。

赤ちゃんからの「お父さんお母さん、今もう少し頑張ってくれればぼく(わたし)は病気に苦しまず健康にいられるんだよ」という、見えない言葉を代わりに小児科医の立場からお話し、代弁させていただきます。

そして、どのように親御さんが頑張れば赤ちゃんの皮膚をもっときれいに出来るか、現実的な改善案をご相談させていただきます。結果的に今よりもっと強力な薬を使うこともありますし(当然薬の副作用で将来本人が困らない程度ですが)、親御さんの塗り方を修正させていただくこともあります。

同様のパターンで多いのは食物アレルギーがあって定期受診しないご家庭、小学生以上になっても時折喘息発作を起こしているのに定期通院されないご家庭がすぐに思い浮かびます。


親御さんやお子さんへのお話のしかたには当方なりにかなり気を付けていますが、結果的に多少強めの話し方、注意をさせていただくこともあります。

受診したのに色々言われてしまい傷つく親御さんもいらっしゃるかもしれません。

逆にお子さんが将来困る状況が目に浮かぶのに親御さんに当たり障りのないことをお話しして放置するのは(ビジネスとしてはともかく)こどもの代弁者であるべき小児科医のクリニックとして当院はしない方針としております。

せっかく受診してくださった親御さんの大事なお子さん、赤ちゃんを病気にするのは極力防ぐべき、予防すべきであると当院では考えております。


一方親御さんが心配する割に当方ではさほど心配していないことの代表としては「風邪を繰り返すお子さん」です。

4月から保育園や幼稚園に通い始めると鼻水が出るようになり数日経って咳が出てきて熱も出ることがあります。

お子さんの熱が出てうなって苦しそうにしているのは親御さんとしては確かに心配になる状況だと思います。初めてのお子さんだと更に心配になるのではないでしょうか。

親御さんが心配になる状況でしたらまずは小児科を気軽に受診していただいて構いません。

小児科医は「将来困る可能性がある病気か、すぐにしっかり治療をしなければ行けない病気か、それとも慌てず治り待ちで良いただの風邪か」を見分けるプロです。

治り待ちで良い、自分の免疫力で治せる風邪であれば(中耳炎を繰り返さない限り)基本的にはお子さんの将来にはさほど影響がないことがほとんどです。


そして、当院としては出来れば親御さん自身が「お子さんが調子が悪い時に急いで受診すべきか慌てず様子を見て良いか」をご自身で判断出来るようになってもらう方が良いと考えております。

当院でも2月に「オンライン小児救急教室」を開催しました。

お子さんの調子が悪い時にどうすれば良いか分からない、対応に自信がない親御さんに対してお子さんがすぐ受診すべきかどうかの見分け方についての簡単な勉強会でした。

開催後アンケートで「他の親御さんにもこのオンライン小児救急教室を勧めたいですか?」という質問に全員が「大いに薦める」「進める」というご回答をいただけたので今後も不定期にはなりますが続けていく方針です。

5〜6月は保育園の健診などありなかなか時間が取れないのですが、7月以降の土日ないし祝日に時間が取れればまた開催したいと考えております。


引き続き当院に受診してくださる患者さんと親御さんには当方として最善の対応を努めていきます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

コメント

このブログの人気の投稿

2023年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

  今日は。  お盆は明け、日の暮れるのが早くなりつつありますが相変わらずの猛暑が続きます。  幸いお子さんの風邪流行はおさまりつつありますが、大人では新型コロナウイルス感染症の方がかなり増えているようすです。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  2023年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  かなりの長文になりますが当院での接種を希望なさる方は以下の文章を一通りお読みください。(要点はわかりやすい様に色などを使って強調しておきます)  その上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを一番下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 ★まとめ まず、当院の2023年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2023年10月10日(火)から当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 2022年9月17日(日)8時より 当院Web予約 から受付開始予定 予めインフルエンザワクチンに関する当院HP、ブログを確認し御了解頂いてからの予約をお願いします。 通常の予防接種時に本人や親御さんのインフルエンザワクチンを一緒に接種します!(事前予約制) 通常の予防接種と一緒に、6ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチン「のみ」の予約は例外なく当方で予約を取り消させていただきます。繰り返す方はアカウント停止対象となります。 アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種します! 普段のアレルギー外来受診時にご相談 ください! 多少制約があります。例えば土曜日午後のアレルギー外来では小学生未満の方の接種は行いません。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さんは「インフルエンザ単独接種枠」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 当院としてのお勧めの接種回数:2022年と同じです 2歳までの方はインフルエンザワクチンを2回接種することがお勧めです。 3歳から8歳までの方で昨年インフルエンザワクチンを接種していない方も2回接種することをお勧めします。  9歳以上の方、および3歳以上で昨年インフルエンザワ

乳児検診と予防接種を受けましょう!

おはようございます。 今日は休診日なので、昼時の更新です。 これからの時期、梅雨時は喘息発作が出やすくなる方がいらっしゃいます。 咳が1週間以上続いたり、夜に咳き込んで何度か起きてしまう方には受診をお勧めします。 さて、今日は当院における乳児検診と予防接種の話を書いておきます。 当院では月・水・金の14時半から15時半までの1時間を乳児検診と予防接種の時間帯としています。 まず、乳児健診について。 横浜市では「医療機関乳幼児健康診査(無料育児相談)」のシステムがあり、生後12か月(13か月未満)までに3回、無料で乳児健診を受診することができます。 実際には3ヶ月、7〜8ヶ月、1歳頃の3回受診される方が多いです。 当院では乳児検診と予防接種をほぼ同じ時間帯に設定しています。 なので当院では 3ヶ月健診や1歳健診を予防接種と一緒に済ませてしまうことをお勧めしています 。 例えば、まず2ヶ月時にヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンが接種出来るようになります。 そこでお越しいただいた際に一言相談していただければ、4週間後のタイミングで3ヶ月健診と予防接種を同時に済ませることが可能です。 そのタイミングで 予防接種の枠は取れたけど乳児検診の枠が空いていなかった、というかたはご相談いただければなるべく同時に済ませる様に配慮します 。 次に、1歳健診で受診される際も予めご相談いただければ同じ日に麻疹・風疹ワクチンや水痘ワクチンも接種出来ます。 こうすると何度もクリニックに来る手間が省けるので親御さんも本人も楽なのではないでしょうか。 予防接種自体については先生によって色々な考えがありますが、私自身の考えを以下に書いておきます。 現在日本で行われている予防接種ワクチンでは、確かに接種した後に有害な反応が出てしまう方が残念ながらゼロではありません。確かに予防接種は「絶対」安全とは言えません。 一方、現在予防接種が行われている多くの病気はかかったときに取り返しのつかないような後遺症になったり命を落とすことがあり得るものです。予防接種を打たない場合これらの病気にかかる確率が格段に上がります。 現在の予防接種は「 予防接種をしたときの有害な反応はまれに起こりうるけど、予防接種をしなくてその病気にかかる確率と症状の方がはるかに重い、よって予防接種をして

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2023年8月)

  いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。  当院が開院してから7年余り、コロナ禍が始まって3年半が経過しました。  世間の状況に合わせて当院も診療体制を試行錯誤しながら少しずつ変更してきましたが、コロナ禍が収束しつつある現時点では風邪の方とそうでない方を厳密に分けることにより結果的に当院を予定通り、希望通りに受診出来る方が減っている状況となっています。  よって 2023年8月からは当日予約の診察は発熱・感染症外来を廃止し一般診療に一本化 、コロナ禍前の診療体制に戻す方針としました。  引き続き当院の受診を希望なさる皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を御利用していただくために「当院受診に関しての注意点」を少しずつ改訂し、以下にまとめて記載しておきます。 0. 原則的に当院が責任を持って診察させていただく患者さん ★  中学3年生までのお子さん  ○ 明らかに他の科を受診した方が良さそうな方はWeb問診を確認のうえメールで他院受診をお勧めすることがあります  ※ 高校生相当年齢以上の方でアレルギー以外の方は内科受診をお願いします。  ○ 子宮頚癌予防ワクチン、日本脳炎の救済措置などの予防接種は高校生以上でもなるべく承ります ★ 高校生以上で当院アレルギー外来に定期通院されている(=次回のアレルギー外来予約が入っている)患者さん ★ 以下の条件に当てはまる親御さん ○ 食物アレルギーの方 ○ 花粉症、アレルギー性鼻炎があり特に舌下免疫療法をご希望なさる方 ※ 以前は風邪症状のみの親御さんも診察していたのですが、新型コロナウイルス感染症流行に伴い一時中止しています。   1. 当院を受診される際には Web予約 、 Web問診 の入力が必須となります!  まずお願いしたいことは、 当院では受診前に「全ての診察には事前の Web予約 が必要であり、予防接種以外の全ての診察では事前の Web問診 入力完了が必須」です。  乳児検診、アレルギー外来、一般診療では両方の入力が済んでいる方はクリニック内に入れますが、未入力の方は入れません。(入り口にも掲示させていただいております)  ご来院いただいたとしても両方の入力が済んでいない方はいったんクリニック外に出て頂き、両方の入力が完了して予約の順番が近づいてから改めて入っ