スキップしてメイン コンテンツに移動

2022年初頭の挨拶に代えて:ワクチンに関する四方山話

ご無沙汰しております。

久々のブログ更新になります。

私事ながら院長は喪中のため新年の挨拶は控えさせて頂きます。


お正月が明けてから日本でもコロナウイルス感染症が急速に拡大しつつあります。

現在流行しているオミクロン株はとにかく「拡がるスピードが早い、非常にうつし合いやすい」のが特徴です。

幸い重症化する、症状が酷くなる率は低いのですが多くの方がかかってしまった場合には重症化する方が増えていきます。(下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、というのと同じです)

コロナウイルス感染症にかかった場合社会的にも対応が色々大変です。

東京や神奈川では集団での食事会、飲み会は当分の間、感染状況が落ち着くまでは我慢した方が良さそうですね。

個人的にも非常に残念ですが、これ以上経済に悪影響が拡大する前にしっかり対応した方が皆様のためではないかと思います。


昨年はワクチン関連で当院も含めた小児科クリニックは振り回されていました。

今年は多少落ち着くことを願っています。

以下、昨年話題になったワクチン関連のよもやま話を少し書いておきます。


1. コロナワクチン(成人)

 2回目接種後の発熱など副反応(副作用)も出るワクチンですが、罹ったときのリスクと比べると明らかに接種した方が良いワクチンです。

 昨年8月から10月にかけて、当院でも12歳以上の方、主に親御さん世代に対してコロナワクチンを接種させていただきました。

 患者さんもさほど多くないはずの時期であり、地域医療としては皆様に少しでも貢献出来ればと思い接種させていただきました。

 地域の皆様のニーズには微力ながら少しは応えられたのではないかと自負しております。

 ただ、コロナワクチンに関しては準備に色々手間がかかるためその分時間を取られてしまいました。特に土曜日午前中の診察を大幅に縮小せざるを得なくなり、結果的に予約がすぐに埋まってしまい当院受診を希望されている多くの患者さんに対応出来ない状況になってしまいました。個人的には非常に心苦しく、色々考えながら診療をしておりました。

 受診出来なかった方にはこの場を借りてお詫び申し上げます。

 当院は2〜3月に患者さんが多くなる傾向があるため、少なくとも3月末までは当院でコロナワクチンの接種は行わない方針です。


2. コロナワクチン(小児)

 今後5歳から11歳の小児向けにもコロナワクチン接種が開始される予定です。

 12歳以上の方の接種であれば内科クリニック様でも対応してくださるところが相当数あると認識していますが、5歳から11歳のお子さん向けは小児科医が積極的に対応すべきと考えております。

 ただ、まだ詳細が決まっていないこと、そもそも小児に接種すべきかについて方針を決定できるような情報がまだ出てきておりません。

 状況を見ながら4月以降に接種するかどうか検討していきます。


3. HPVワクチン(子宮頚がん予防ワクチン)

 当院では子宮頚がん予防ワクチンの接種を行っています。

 当院でも公費でガーダシル(4価ワクチン)の接種が可能です。

 公費での接種対象になるのは小学校6年生から高校1年生(相当)の女子ですが、現在対象者の拡大が検討されています。

 年間約3,000人が命を落としている子宮頚がんはこのワクチンにより予防が出来ます!!

 ただし、未成年の方が当院でワクチンを接種される場合必ず保護者の同伴をお願いしています。


4. おたふくかぜワクチン

 おたふくかぜで治りにくい難聴になることがあり、当院では接種をお勧めしています。

 昨年は流通が止まっていましたがようやく流通が正常化してきたようです。

 当院でもまだたまに在庫が切れることがありますが、以前よりは予約出来る様になっています。

 当院では1歳過ぎのMRワクチン、水痘ワクチンとの同時接種をお勧めしています。

 ただ、昨年1歳になった時点でおたふくかぜワクチンの予約が取れなかった方は、1歳半頃の水痘ワクチン追加接種との同時接種をお勧めします。

 出来れば1歳のうちに一度接種しておく方が宜しいかと存じます。

 また、2回目は小学校入学前にMRワクチンと同時接種をお勧めしています。


5. 日本脳炎ワクチン

 こちらはまだ流通が十分に回復していません。

 当院でも時折入荷がありますが、さほど時間が経たないうちに予約が満員となっています。

 厚労省からの通達もあり、当院では現在3歳の方限定で接種を承っています。

 幸い横浜地域の方は急いで接種する必要はないと個人的には考えております。

 4歳以上の方は是非4月以降、流通が正常化してからご予約ください。


6. おまけ コロナワクチン(院長)

 当院スタッフは全員コロナワクチンを2回接種済みです。

 2回目接種後に発熱などの症状が出たスタッフもいれば全く無症状のスタッフもいます。

 ちなみに院長は2回目のコロナワクチンの接種翌日に発熱しています。

 (予め日程を調整出来たので休診にはしなくて済みました。)

 この度、2月17日(木)に院長も含めたスタッフ若干名がコロナワクチンの追加接種を受けることになりました。

 そのため、予めご予約いただいた方には大変恐縮なのですが2月18日(金)は念のため休診にさせていただきます。

 2月19日(土)は院長の体調が戻っていれば通常通り診療を行いますが、状況次第では休診にせざるを得ません。ご了承下さい。


 他にも書いておきたい話題はありますが今回はこの程度でとどめておきます。

 今年もブログは不定期更新になりそうですが、皆様にお伝えすべき内容はまずは予約システムとこのブログから発信させていただきます。

 今年もよろしくお願い申し上げます。

 

コメント

このブログの人気の投稿

十日市場地域の親御さん方、基礎疾患がなくても当院でコロナワクチン接種が可能です!(8月6日追記あり)

 今晩は。 当院は8月5日まで、ちょっと早めの夏休みをいただいております。 8月1日、日曜日は緑区休日診療所の当番でしたが発熱でご来院される方が結構いらっしゃいました。 風邪がまだ流行っているときに休みを取ってしまい大変恐縮ですが、体調管理に気を付けてお過ごし下さい。 その代わりお盆期間は通常通りの診療を行っております。 オリンピックの結果に一喜一憂されている方もいらっしゃると思いますが、個人的にはそれよりもはるかに 新型コロナウイルス感染症の爆発的な感染拡大 が気になっています。 大人が罹った場合普通の風邪やインフルエンザに比べて明らかに重症化率、命に関わる率や後遺症で苦しむ方が多いのでやはり危険な感染症であると個人的には考えています。 重症、つまり命に関わる危篤状態まで行かなくても中等度、酸素が必要だったり一人で満足に動けない状況になっても首都圏では入院出来るとは決して限らない状況になってきています。 新型コロナウイルス感染症にならないためにはまずは感染対策、手洗いマスクに3密回避が必要です。加えてコロナワクチンは感染率、重症化率などを下げられる、つまり皆さんが新型コロナウイルスに罹る率や酷い症状の(時には命に関わる)率を下げられるので大人には強くお勧めしております。 先日も告知させて頂きましたが新型コロナウイルスワクチン(コロナワクチン)の接種を当院でもわずかながら開始します。 ワクチンを接種した高齢者の罹患率、入院率、重症化率は明らかに減っているのですが、まだワクチンを打てていない大人の感染が爆破的に増加している印象を受けます。 当院として出来ることはなるべく多くの大人、特に十日市場地域の親御さんにコロナワクチンを接種すること だと考えておりますが、ワクチンもある程度以上の数はオーダー出来ず(しても削られます)、当院が接種出来る患者さんには限りがあるので色々もどかしい思いです。 ただ当院としては コロナワクチン予約枠の空きがまだあります ので、 可能な限り十日市場地域の親御さんを中心とした多くの方に御利用いただければと思います。 一応現時点では基礎疾患がある方が対象となっていますが 8月6日から基礎疾患がない方でも接種可能になります。 現時点の感染状況からすると1人でも多くの大人にワクチンを接種する方が大事ではないかと判断しております。 宜しければ明らかな基

コロナワクチン接種最終予約は満員になりました。

  今晩は。 外はかなり涼しくなりましたが皆様体調は如何でしょうか。 大変恐縮ながら院長は先日体調を崩してしまいました。 症状は頭痛と倦怠感のみで他の症状は無かったのですが、このご時世ですので万一のことを考えて8月30日から9月1日までの3日間は休診させていただきました。 幸い体調も回復しコロナウイルスの迅速検査を繰り返し行い陰性を確認したため、9月3日(金)より通常通り診療を再開致しました。 休診中の期間に当院を受診希望されていても出来なかった皆様にはこの場をお借りしてお詫び申し上げます。 皆様も体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。 さて、当院では新型コロナウイルスワクチン(コロナワクチン)の接種を8月上旬から細々と行っています。 8月中は神奈川県内、横浜市内も新型コロナウイルス感染症の感染爆発が起きてしまい、8月後半は当院としても対応に大変苦慮しました。 現在流行している新型コロナウイルスデルタ株は小児でも感染するため、9月以降に学校や幼稚園が再開してどうなるか心配しております。 当院として出来ることはなるべく多くの大人に加えて12歳以上の希望されるお子さん、特に十日市場地域の親御さんと妊婦さんにコロナワクチンを接種すること だと考えておりますが、当院の通常業務つまり当院を受診して下さる患者さんにご迷惑をかけずに接種出来るワクチン数にはどうしても限りがあります。 当院としては集団接種でなるべく多くの方が効率的に接種出来るに越したことはないと考えておりしばらく様子を見ていたのですが、現時点では引き続き当院でもコロナワクチンの接種を行った方が皆様に貢献出来るのではないかと判断しました。 よって、9月下旬から10月末までの期間となりますがコロナワクチン接種枠を追加で設定することにします。 当院としては「必ず」お守り頂きたいのは以下の事項です。 ★ 年齢制限:12歳〜64歳(これは予約システムで自動的に制限されます) ★ 高校生相当の方までは保護者1名の同伴必須  18歳以下、高校生相当の方が本人のみで来院された場合は接種をお断りします。 ★ 1回目のコロナワクチン接種の3週間後、必ず同じ日時に2回目のコロナワクチン接種を行うこと ★ 無断キャンセル厳禁  万一予約時間までに連絡無くワクチン接種にお越しいただけなかった方(無断キャンセル)は、今後当院の予約利用を一切

2021年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

 今日は。  今年は9月に入ってから朝晩が涼しくなり過ごしやすい日々が続いています。  ただしこれからの時期はお子さんの風邪、喘息発作が出やすい時期になります。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  2021年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  一通りお読みいただいた上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 まず、当院の2021年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2021年11月1日から当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 当院かかりつけの親子のために、通常の予防接種・アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種します! (事前予約制) 通常の予防接種と一緒に、6ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチンのみの予約は例外なくお断りします。 当院アレルギー外来通院中の患者さん は普段のアレルギー外来時に接種可能です!受診時にご相談ください。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さんは「インフルエンザ単独接種枠」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 9月30日午前8時より受付開始:11月1日〜12月11日分 接種回数・間隔 6ヶ月〜12歳:2回 1歳未満の接種では効果が多少弱い可能性があります。 13歳以上:1回 ※ 興味のある方は下記、「インフルエンザワクチンの接種回数は?」もをご参照ください。 予約に関する注意事項 1回目分の予約を取っても2回目分の予約を取ったことにはなりません。 2回接種をご希望なさる方はご自身で2回分別々に予約をお取り下さい。 2回接種される方は最低限1週間以上、出来れば3〜4週間空けて接種してください。 料金:1回3,800円(年齢、接種回数に関係なく)  インフルエンザワクチン接種期間中、当院の診療時間は以下のようになります。  よろしくお願い申し上げます。 ★インフルエンザワクチンを接種した方が良いのはどんな人?   当院では 基本的に6ヶ月以上のお子さん全員、そして親御さん方はインフ