スキップしてメイン コンテンツに移動

当院が大事にしていること その1:当院では患者さん(お子さん)の今だけでなく将来を見据えた医療を行います。

 今晩は。

 2023年もあっという間に過ぎ、もう2024年が始まりました。
 当院は1月5日から診療を開始しましたが、昨年末に引き続き色々な病気の方がいらっしゃいます。
 インフルエンザ、プール熱(アデノウイルス感染症)、溶連菌感染症、これらに該当しない風邪の方、多少胃腸炎の方もいらっしゃいます。
 体調管理にはくれぐれもお気をつけください。

 更に、この週末あたりから花粉症の症状、鼻汁や鼻詰まり、目のかゆみで受診なさる方が増え出しました。
 すぎの花粉症がある方は、症状が出始める1ヶ月前から薬を飲み続けた方がシーズン中の症状が軽く済むことが分かっています。(院長も先週から飲み始めました)
 今年の花粉飛散量ですが、神奈川県内では昨年よりはやや少ないものの例年並みという予報です。
 毎年花粉症のシーズンになると特に午後、土曜日の予約枠が一瞬で埋まる状況になります。
 昨年花粉症で大変だった方はさほど混んでいない今のうちに受診しておき、薬を飲み始めることを強くお勧めします。

 ところで、昨年末頃から当院の診療で大事にしていることをブログなどで公開しておくために準備を進めていました。
 その結果内容が多すぎてなかなかまとまらず、公表が遅れてしまいました。
 よって今後数回に分けて記事を公開することにします。
 今回が第1回になります。 

★患者さん(お子さん)の今だけでなく将来を見据えた医療を行う

 当院では患者さんが今だけでなく将来困らないことを重視した、将来を見据えた医療を行っています。

 例えば調子が悪いお子さんが御来院された場合には風邪と判断して良いのか。自宅でこのまま「様子を見て良い」のか。
 風邪であれば殆どのお子さんは自らの力で治せますので余計な薬や抗生剤は使わず本人の自然治癒力をサポートするような処方を心がけています。
 それとも症状が続いた場合にお子さんが後で困る様な病気の可能性はないのか。
 自宅に帰っても次にどんな状況になったら(明後日まで38℃以上の熱が続くなど)再受診が必要なのか、それとも夜間に救急病院を受診した方が良いのか。
 この判断、診断はしっかり行うようにしてなるべく親御さんにお伝えするようにしています。

 ただご自身の判断に自信が無い、初めてのお子さんで不安という親御さんも沢山いらっしゃると思います。
 そういう親御さんとお子さんの為に、1月25日に当院では初めて「オンライン小児救急教室」を開催することにしました。
 現在内容を作成しているところですが、参加して良かったと思っていただけるような勉強会にするように心がけます。
 興味のある方は是非こちらの記事をご覧下さい。




 一方、以前は「様子を見て良い」と言われていた状況を放っておくと将来本人が色々困ることがあるがあります。

 先日も4ヶ月健診で首や肘、膝などにしっかり湿疹があり数日前に緑区外の某病院の小児科診察で「この湿疹は様子を見て良い」と言われていた方がいらっしゃいましたが、3~4ヶ月時に湿疹(大抵は乳児アトピー性皮膚炎です)がある方は食物アレルギーが出る率が上がってしまうことが既に分かっています。

 少なくとも当院では赤ちゃんの湿疹に対しては、将来本人が食物アレルギーや他のアレルギーで困ることがないようにするためにも積極的に治療を行います。

 食物アレルギーについても主治医から目安を示されず「とりあえず食べずにしばらく様子を見て良い」と言われる方が未だに多数いらっしゃいます。

 確かに全然食べずに過ごせばアレルギー反応が起きて本人や親御さんが困る状況は短期的には防げます。しかし食べ物にもよりますが少しでも食べておかないと将来本人が食べられるようにならない、お子さんの頃の他院の治療方針や親御さんの自己判断により一生食物アレルギーと付き合うことになりそうな患者さんを当院では多数診察しています。

 特に食物アレルギーは未だに専門家による診断、検査、治療方針が必要な分野です。緑区近辺の方であれば是非当院にご相談いただければと思いますし、他の地域の方でも少なくとも経口食物負荷試験を積極的に行っている(少なくとも年間100件以上)病院であれば専門家にご相談が可能ではないかと思います。

 アトピー性皮膚炎も治まらず「様子を見て良い」と言われ思春期まで症状が残ると、大人まで持ち越してお子さんが一生アトピー性皮膚炎で困る原因になります。適切なステロイドや保湿剤の塗り方に加えて最近では適切な治療の選択をすることにより、以前よりアトピー性皮膚炎は治りやすくなってきました。

 小学生以上になっても発作が出て、主治医から「様子を見て良い」と言われていると、思春期から若いうちは治ったように見えても大人になって年をとってから本人が喘息や呼吸器疾患で困るもとになります。

しっかり管理する、発作がなるべく起きないようにして将来本人が困らないようにするために当院では適宜親御さんに(大きいお子さんなら本人にも)相談し治療方針を建て、必要であれば薬を処方しています。

 乳児湿疹、アトピー性皮膚炎に関しては2月12日にオンラインスキンケア教室を開催します。ご興味を持たれた方はこちらの記事をご参照ください。


 食物アレルギーに関して以前はオンライン教室を行っていたのですが、食物アレルギー自体は患者さんによって状況がかなり異なること、赤ちゃんのアトピー性皮膚炎に対して上記のスキンケアも含めてしっかり治療することによりかなり予防が出来そうなことが分かってきました。
 食物アレルギーに関しては受診された際に色々聞いていただければしっかりお答えするようにしています。

 他にも当院が大事にしていること、当院の診療の特徴はたくさんあります。

 少しずつこちらのブログに掲載させていただきますので時折このブログを覗いていただければと思います。

 では、今年もよろしくお願い申し上げます。

コメント

このブログの人気の投稿

2023年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

  今日は。  お盆は明け、日の暮れるのが早くなりつつありますが相変わらずの猛暑が続きます。  幸いお子さんの風邪流行はおさまりつつありますが、大人では新型コロナウイルス感染症の方がかなり増えているようすです。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  2023年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  かなりの長文になりますが当院での接種を希望なさる方は以下の文章を一通りお読みください。(要点はわかりやすい様に色などを使って強調しておきます)  その上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを一番下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 ★まとめ まず、当院の2023年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2023年10月10日(火)から当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 2022年9月17日(日)8時より 当院Web予約 から受付開始予定 予めインフルエンザワクチンに関する当院HP、ブログを確認し御了解頂いてからの予約をお願いします。 通常の予防接種時に本人や親御さんのインフルエンザワクチンを一緒に接種します!(事前予約制) 通常の予防接種と一緒に、6ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチン「のみ」の予約は例外なく当方で予約を取り消させていただきます。繰り返す方はアカウント停止対象となります。 アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種します! 普段のアレルギー外来受診時にご相談 ください! 多少制約があります。例えば土曜日午後のアレルギー外来では小学生未満の方の接種は行いません。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さんは「インフルエンザ単独接種枠」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 当院としてのお勧めの接種回数:2022年と同じです 2歳までの方はインフルエンザワクチンを2回接種することがお勧めです。 3歳から8歳までの方で昨年インフルエンザワクチンを接種していない方も2回接種することをお勧めします。  9歳以上の方、および3歳以上で昨年インフルエンザワ

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2023年5月)

  いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。  十日市場こどもクリニックは2016年5月6日に開院しました。  本日をもって当院は開院して7年が経過し、8年目に突入します。  開院当初から当院を受診してくださった皆様と当院スタッフ、当院関連業者の方々のおかげで何とか7年この地で診療を続けることが出来ました。  改めて感謝いたします。  開院当初は予約無しでも受診可能でのんびり診療をしていた当院ですが、最近はお子さんの風邪の大流行もあり当日予約はほぼ毎日予約開始後数分で一般診療(風邪を引いていない方の外来)、発熱・感染症外来とも満員になることが多いです。平日のアレルギー外来は時間帯によってはまだ余裕がありますが、土曜日午後のアレルギー外来はほぼ限界、パンク状態になっているため新規予約はお断りしている状態です。  幸い予防接種・乳児検診は1ヶ月以内には希望される時間帯の予約が取れる状況です。ただしインフルエンザワクチン接種のある10月〜12月は毎年予約が埋まりやすいのでお気をつけください。  当院としてもなるべく多くの患者さん、出来れば当院受診を希望なさる全てのお子さん、患者さんに適切な医療、対応をさせていただきたいと考えている反面、実際には当院の対応能力には限界があります。  引き続き当院の受診を希望なさる皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を御利用していただくために「当院受診に関しての注意点」を少しずつ改訂し、以下にまとめて記載しておきます。 0. 原則的に当院が責任を持って診察させていただく患者さん ★  中学3年生までのお子さん  ○ 明らかに他の科を受診した方が良さそうな方はWeb問診を確認のうえメールで他院受診をお勧めすることがあります  ※ 高校生相当年齢以上の方は内科受診をお願いします。  ○ 子宮頚癌予防ワクチン、日本脳炎の救済措置などの予防接種は高校生以上でもなるべく承ります ★ 高校生以上で当院アレルギー外来に定期通院されている(=次回のアレルギー外来予約が入っている)患者さん ★ 以下の条件に当てはまる親御さん ○ 食物アレルギーの方 ○ 花粉症、アレルギー性鼻炎があり特に舌下免疫療法をご希望なさる方 ※ 以前は風邪症状のみの親御さんも診察していたのですが、コロナウイルス感染症流行に伴い一時

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2023年8月)

  いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。  当院が開院してから7年余り、コロナ禍が始まって3年半が経過しました。  世間の状況に合わせて当院も診療体制を試行錯誤しながら少しずつ変更してきましたが、コロナ禍が収束しつつある現時点では風邪の方とそうでない方を厳密に分けることにより結果的に当院を予定通り、希望通りに受診出来る方が減っている状況となっています。  よって 2023年8月からは当日予約の診察は発熱・感染症外来を廃止し一般診療に一本化 、コロナ禍前の診療体制に戻す方針としました。  引き続き当院の受診を希望なさる皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を御利用していただくために「当院受診に関しての注意点」を少しずつ改訂し、以下にまとめて記載しておきます。 0. 原則的に当院が責任を持って診察させていただく患者さん ★  中学3年生までのお子さん  ○ 明らかに他の科を受診した方が良さそうな方はWeb問診を確認のうえメールで他院受診をお勧めすることがあります  ※ 高校生相当年齢以上の方でアレルギー以外の方は内科受診をお願いします。  ○ 子宮頚癌予防ワクチン、日本脳炎の救済措置などの予防接種は高校生以上でもなるべく承ります ★ 高校生以上で当院アレルギー外来に定期通院されている(=次回のアレルギー外来予約が入っている)患者さん ★ 以下の条件に当てはまる親御さん ○ 食物アレルギーの方 ○ 花粉症、アレルギー性鼻炎があり特に舌下免疫療法をご希望なさる方 ※ 以前は風邪症状のみの親御さんも診察していたのですが、新型コロナウイルス感染症流行に伴い一時中止しています。   1. 当院を受診される際には Web予約 、 Web問診 の入力が必須となります!  まずお願いしたいことは、 当院では受診前に「全ての診察には事前の Web予約 が必要であり、予防接種以外の全ての診察では事前の Web問診 入力完了が必須」です。  乳児検診、アレルギー外来、一般診療では両方の入力が済んでいる方はクリニック内に入れますが、未入力の方は入れません。(入り口にも掲示させていただいております)  ご来院いただいたとしても両方の入力が済んでいない方はいったんクリニック外に出て頂き、両方の入力が完了して予約の順番が近づいてから改めて入っ