スキップしてメイン コンテンツに移動

当院の「一般診療」「発熱・感染症外来」についてよくある質問です。

 今晩は。

最近は寒くなったり暖かくなったり気候の変化があります。

まだインフルエンザも流行っていますし、そろそろスギ花粉が本格的に飛び出す時期です。

皆さんも健康管理にはくれぐれもお気をつけください。


 さて、今回は当院の「一般診療」「発熱・感染症外来」についてしばしばお伺いする質問について書いておきます。

 新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、当院では当日予約の診療枠を「一般診療」と「発熱・感染症外来」に分けています。
 当院では以前から「アレルギーの相談で受診したいのですが、風邪を引いていないのに風邪の人と一緒に診察を受けたくないのですがどうすれば良いのでしょうか」という問合せを沢山いただいておりました。
 そのお答えとして現在のシステムにしています。

 まず一般診療の時間帯は「風邪を引いていない人の診療時間」として診療を行っています。
 一般診療の受診出来る方は過去48時間以内に37.5℃以上の発熱、咳嗽、頭痛、咽頭痛、下痢症、嘔吐が「ない」お子さんと親御さんです。
 例えば赤ちゃんの肌荒れ、便秘、その他の相談はこの時間で承ることが多いです。

 ★よくある質問1:鼻水が出ているんだけど発熱、咳はありません。発熱・感染症外来受診の方がいいですか?
 →鼻水だけで熱や咳が無い場合は風邪であってもさほどうつし合いの危険性は高くないと判断しています。また、3歳以上では普通に花粉症やアレルギー性鼻炎で鼻水が出る方もいらっしゃいます。
 よって当院では「鼻水だけ」の方は一般診療で診察を行っています。

 ★よくある質問2:予防接種で来たんですけどいつもの保湿剤もらえませんか?
 確かに肌荒れに対して保湿剤は一般診療、ないし発熱・感染症外来で受診された方に処方しています。
 しかし乳児検診や予防接種と一般診療や発熱・感染症外来ではシステムが違います。
 以前詳しく記載したこちらの記事をお読みください。


 そして発熱・感染症外来ですが過去48時間以内に37.5℃以上の発熱、咳嗽、頭痛、咽頭痛(のどの痛み)、下痢、嘔吐が「あった」お子さんを対象としています。
 当然ながら発熱・感染症外来の時間にご来院いただいた患者さんどうしで病気のうつし合いがなるべく起きないように当院でも色々気を付けています。怖がらずにご来院いただければと思います。

 ★よくある質問3:少しうんちがゆるいんですけど熱はないので一般診療で受診していいですか?
 →ゆるさの程度にもよりますが、お子さんのうんちの形がない場合、いわゆる「泥状便」と「水様便」は「下痢」と見なしています。
 大半の下痢の原因である胃腸炎は殆どの場合感染症であり、お子さん同士で強烈なうつし合いの元になります。
 よって当院では発熱・咳だけでなく「嘔吐・下痢」のある方も発熱・感染症外来で診察しています。

 ★よくある質問4:親も調子が悪いので診察して欲しいのですが、、、
 →院長は小児科専門医、アレルギー専門医です。残念ながら内科の専門医ではないこと、しばらくの間大人の発熱の大半が新型コロナウイルス感染症だったため現在当院では風邪の大人の診察はお断りしています。
 ただしスギ花粉症やアレルギー性鼻炎で舌下免疫療法をご希望なさる場合、そして食物アレルギーに関しては幸い成人に準じた形で対応出来るため(大人と子供で多少違いはありますがその分は勉強しています)プロとして診察させていただいています。
 あくまでも一個人の感覚ですが、親御さんとお子さんで一緒に舌下免疫療法をした方がしっかり薬を続けられる印象があるのでお勧めします。

 最後に改めて記載しておきます。
 当院の限られた人手と時間で効率的・効果的に当院受診をご希望なさる患者さんを診察する、より多くの方に適切な医療を当院が提供するためにWeb予約・Web問診のシステムは不可欠となっています。
 お手数ですが当院を受診される前には必ずWeb予約・Web問診の事前入力をお願い申し上げます。
 Web予約・Web問診を事前入力し時間/順番通りにご来院いただいた方には当院として最善と思われる対応をさせていただきます。
 また、来院前にメールを当方からお送りすることがあります。お手数ですが、来院時間の少し前には当院からのメールが届いていないか確認してみてください。
 予めお伝えしておいた方が良さそうなことがある場合にメールをお送りしているつもりです。

 よろしくお願い申し上げます。

コメント

このブログの人気の投稿

2022年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

 今日は。  今年も9月に入ってから朝晩が涼しくなり過ごしやすい日々になってきました。  ただしこれからの時期はお子さんの風邪、喘息発作が出やすい時期になります。  だいたい9月下旬から10月いっぱいは喘息発作(急性増悪)に要注意な時期です。特に天気が崩れたり台風が来るときは体調を崩す方が多いです。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  2022年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  かなりの長文になりますが当院での接種を希望なさる方は以下の文章を一通りお読みください。(要点はわかりやすい様に色などを使って強調しておきます)  その上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを一番下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 ★まとめ まず、当院の2022年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2022年10月11日から当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 2022年9月25日(日)8時より 当院Web予約 から受付開始 予めインフルエンザワクチンに関する当院HP、ブログを確認し御了解頂いてからの予約をお願いします。 通常の予防接種時に本人や親御さんのインフルエンザワクチンを一緒に接種します!(事前予約制) 通常の予防接種と一緒に、6ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチンのみの予約は例外なくお断りします。 アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種します! 普段のアレルギー外来受診時にご相談 ください! 多少制約があります。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さんは「インフルエンザ単独接種枠」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 当院としてのお勧めの接種回数 2歳までの方はインフルエンザワクチンを2回接種することがお勧めです。 3歳から8歳までの方で昨年インフルエンザワクチンを接種していない方も2回接種することをお勧めします。  9歳以上の方、および3歳以上で昨年インフルエンザワクチンを接種されている方は1回接種で良いのではないかと思います。 (ご希望があれば

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2022年7月)

 いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。  おかげさまで当院は開院して6年余りが経過しました。  コロナ禍にも関わらず引き続き多くの患者さんに当院を受診していただき感謝致します。  引き続き皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を御利用していただくために2年ぶりに「当院受診に関しての注意点」を改訂し、以下にまとめて記載しておきます。 0. 原則的に当院が責任を持って診察させていただく患者さん ★  中学3年生までのお子さん  ○ 明らかに他の科を受診した方が良さそうな方はWeb問診を確認のうえメールで他院受診をお勧めすることがあります  ※ 高校生相当年齢以上の方は内科受診をお願いします  ○ 子宮頚癌予防ワクチン、日本脳炎の救済措置などの予防接種は高校生以上でもなるべく承ります ★ 高校生以上で当院アレルギー外来に定期通院されている(=次回のアレルギー外来予約が入っている)患者さん ★ 以下の条件に当てはまる親御さん ○ 食物アレルギーの方 ○ 花粉症、アレルギー性鼻炎があり特に舌下免疫療法をご希望なさる方 ※ 以前は風邪症状のみの親御さんも診察していたのですが、コロナウイルス感染症流行に伴い一時中止しています 1. 当院を受診される際には Web予約 、 Web問診 の入力が必須となります!  まずお願いしたいことは、 当院では受診前に「全ての診察には事前の Web予約 が必要であり、予防接種以外の全ての診察では事前の Web問診 入力完了が必須」です。   アレルギー外来、一般診療、発熱外来(後述)では両方の入力が済んでいる方はクリニック内に入れますが、未入力の方は入れません。(入り口にも掲示させていただいております)  ご来院いただいたとしても両方の入力が済んでいない方はいったんクリニック外に出て頂き、両方の入力が完了して予約の順番が近づいてから改めて入って頂きます。  より多くの患者さんを診察するためには敷居が低い、気軽にいつでも受診出来るに越したことはないのは重々承知しております。  しかしいつでもどんな方でも受診OKとすると、実際には混み合った診察室内で待ち続けることにより患者さんとご家族の時間を浪費したあげく新型コロナウイルス感染症も含めた風邪のうつし合いの元になる可能性が高いです。  またWe