スキップしてメイン コンテンツに移動

お子さんの肌荒れに困っている方用のチェックリスト、ご参照ください。

  今日は。

 ゴールデンウィークも終わり、暖かい日々が続いています。

 ただ、当院の地域では1ヶ月前から風邪の患者さんが非常に多い印象があります。

 新型コロナウイルス感染症の流行も気になるところです。

 皆様、引き続き感染対策(マスク、手洗い、大人は集団での会食を避けるなど)に気を付けましょう。


 さて、本題です。

 赤ちゃんやお子さんの肌荒れ(乳児湿疹やアトピー性皮膚炎)で困って当院を受診される方が徐々に増えています。

 当院ではアトピー性皮膚炎ガイドラインに基づいた、現時点では適切と考えられる治療を行っています。

 正直に申しますと、当院で処方している薬の種類は他のまっとうな治療をされている皮膚科や小児科の先生とあまり変わらないと思います。

 しかし、なかなか皮膚の症状が治まらない方がクチコミや当院HPやこのブログをご覧になり当院を受診し、通院して下さることにより明らかに良くなる方もいらっしゃるのは事実です。

 得てして医者は適切な診断をして薬を処方すれば良いと考えがちですが、患者さん側の薬の使い方により薬の効き具合はかなり変わります。


 開院してから5年間、勤務医時代より積極的にお子さんの肌荒れを診療していてつくづく感じることがあります。

 お肌の薬を使って治療してもなかなか良くならない方は、たいてい以下の3項目のどれか1つ以上が当てはまります。

 簡単なチェックリストを作ってみました。

 思い当たりのある方、是非ご覧下さい。

お子さんの肌荒れで困っている方のチェックリスト


1. 1日2回の外用が出来ていない(薬を塗れていない)

 得てして朝に塗り薬をちゃんと塗れていないことが多いです。

 朝は何かと忙しいのは重々承知していますが、どんなに強い薬を使っても1日1回塗るだけでは収まり切れない方も相当数いらっしゃいます。


2. 薬を塗る量が少ない

 ステロイドであろうと保湿剤であっても「ティッシュが張り付くくらいべったり塗る」が基本です。

 薬が足りないという方は主治医に是非おっしゃって下さい。

 地域により状況が違うのですが、幸い神奈川県では相当量の塗り薬の処方を保険診療として許して頂いていますので、殆どの患者さんに対して十分な量の処方が出来ます。


3. (小学生〜中学生のお子さんで)薬を本人が管理している、親が薬の状況を把握していない

 小学生の場合親御さんの監督は必須です。本人任せだと「例外なく」塗る量や回数が減ってきます。

 中学生以上であれば徐々に本人に薬の管理や使用を任せていくべきだと思いますが、親御さんが遠目から状況を見守ってあげて、必要であれば声をかけてあげた方が良いです。

(見守る方が色々大変ですが)


 お肌がさほど弱くない方は上記3つを完全に守らなくても十分に良くなることもあります。

 また、上記3つを守ってもお肌が元々非常に弱いためある程度強い薬を使わないと抑えきれない方も確かにいらっしゃいます。

 ただ、薬を塗ってもなかなか治らないという方はまず上記3項目を是非見直してみて下さい。


 以上は原則的な話ですが、当院では上記説明に加えて実際に患者さんを診察し親御さんと相談しながら細かい薬の調整を行っています。

 このブログをお読みの方でお子さんの肌荒れに困っている方、まず、上記3項目を見直してみて下さい。

 上記3項目を実行しても治りきれない場合は是非主治医に相談してみてください。

 十日市場地域のお子さん、そして当院に定期通院が可能な方であれば当院を受診していただければ具体的に色々説明させていただきます。

 また、最近ご無沙汰していますがオンラインスキンケア教室も近々また開催できればと考えております。


 さて、おかげさまで当院を受診して下さる患者さんはコロナ禍にもかかわらず着実に増えており、予約満員で希望する日・時間帯に受診出来ない方も出てきてしまっています。

 予約が取れなかった方にはご不便をおかけしてしまい大変恐縮です。

 いわゆる通常の受診、一般診療での受診をご希望なさる方はWeb予約をお取りいただき、次にWeb問診を予め入力されてからのご来院をお願い申し上げます。

 一般診療の予約開始は午前は7時半から、午後は正午から開始です。

 また、Web予約Web問診を予め入力していただくことによりより多くの患者さんに適切な診療が出来るようになっています。

 言い換えると、Web予約Web問診を御利用頂けること患者さんが増えれば、その分多くの患者さんに適切な診療が出来るようになっています。

 現在Web問診のリンクがわかりにくいとのご意見をいただいておりますので、わかりやすくなるように近々当院HPをアップデートさせて頂きます。

 是非皆様のご協力、Web予約Web問診の御利用をよろしくお願い申し上げます。


 では、今後とも十日市場こどもクリニックをよろしくお願い申し上げます。

コメント

このブログの人気の投稿

2020年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

今日は。  今週になってやっと朝晩が涼しくなり、クーラーを使わなくても眠れる様になった方も多いのではないでしょうか。  ただ、今週に入って発熱と鼻水で受診される方が増えている印象があります。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  先日2020年秋のインフルエンザワクチン予防接種についてのお知らせを記載したのですが、多少状況が変わってしまったので改めて記載させていただくことにしました。  また、前回のブログは内容が多すぎたので見やすくするために内容を分割することにしました。  2020年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  一通りお読みいただいた上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 まず、当院の2020年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2020年10月26日から 当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 当院かかりつけの親子のために、通常の乳児健診・予防接種・ アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種 します! ( 事前予約制 ) 乳児健診と一緒に、親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種と一緒に、11ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチン のみの予約は例外なくお断りします。 当院アレルギー外来通院中の患者さんは普段のアレルギー外来時に接種可能です !受診時にご相談ください。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さん は「 インフルエンザ単独接種枠 」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 9月20日午前8時より受付開始:10月26日〜11月28日分 11月1日午前8時より受付開始 予定 :11月30日〜12月19日(変更の可能性があります) 接種回数 12歳以下は2回接種、 2回分別々に予約をお取り下さい 。 13歳以上は1回接種 料金:1回3,500円(年齢、接種回数に関係なく)  インフルエンザワクチン接種期間中、当院の診療時間は以下のようになります。  なお、月水金1

当院受診に関してのポイント集:乳児健診・予防接種(2020年5月)

 ここでは当院の乳児健診・予防接種に関する注意事項を記載しています。 ★ 初めて当院の乳児健診や予防接種を受けられる方は 当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページ をご参照ください! 特に最近の予防接種のスケジュールは複雑になっています。より多くの病気を予防接種により防げるようになってきたのは間違いなく医学の進歩でありお子さんにとっても間違いなく良いことですが、親御さんにとってはそれだけわかりにくい、混乱しやすい状況になってきています。  予防接種のスケジュールについては 当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページ でも解説しておりますのでまずはそちらをご参照ください。  当院の予防接種予約では2ヶ月から5ヶ月までに接種するワクチンのセットを作成してあります。そちらを選んでいただくと分かりやすいと思います。また、1歳過ぎでは不活化ワクチンセットを選んでいただき、1週間以上後に生ワクチンセットを選んでいただくと分かりやすいです。  ご参照いただいても打つ順番や適切なタイミング、適切な組み合わせが分からない場合、迷う場合はご遠慮なく診療時間中に電話で御相談いただいても構いません。ただし、話しが複雑すぎるなどの理由でお電話での説明が難しい場合は受診していただき、直接対面形式で相談させていただくこともあります。 ★ 当院の乳児健診・予防接種は事前予約制です。 現時点では60日前から前日まで 予約システム で事前に予約を取れますので、状況次第では「次の次」の予約まで入力が可能です。  当院の乳児健診・予防接種の予約はインフルエンザワクチンを接種する時期、10月から12月までが大変混み合います。この時期に該当する方はなるべく早いタイミングで予約を入れていただくことを強くオススメします。  一方、直前の時期でもキャンセルが発生した分虫食いのようにぽっかりと予約枠が空いていることがあります。宜しければ是非ご利用ください。  また、乳児健診と予防接種の予約を同じ日の立て続けの時間(例えば14時半の乳児健診枠と14時45分の予防接種枠)に入れていただくのは通院回数が減らせますのでお勧めします。例えば1歳になった直後に12ヶ月健診と不活化ワクチン3種類接種、ないし生ワクチン3種類接種を同時に行うことが出来ます。  7ヶ月から11ヶ月の間の赤ちゃんは、乳児健診と同

土足?履き替え?

 こんにちは。  春一番が吹いたと思ったら花粉が飛び始めましたね。  私自身も花粉症持ちなので杉花粉の飛び具合はよく分かります。  ちなみに院長は花粉症の治療も行っています。  従来通りの症状を抑える薬を適切に処方することは当然可能です。加えて、12歳以上であれば「シダトレン」という薬による花粉症の治療が可能です。この薬の処方、治療は許可制となっているのですが、院長はその資格を持っています。  ただし、有る程度根気が要る上に全ての人に対して有効な治療ではないので、検査と十分な説明をさせていただいてから治療を本格的に行うかどうか決めることになります。 どちらにしろ花粉症のシーズンが終わってから、つまり当院が開院してからまもなく治療が可能になりますので、興味のある方は開院後に是非お問い合わせください。もしよろしければ「シダトレン」で検索して、当院に相談する前に予め情報を入手しておくと相談は更にスムーズになるでしょう。  機会があれば花粉症関連の話は後日、詳しく記載させていただきます。  それはともかく、十日市場こどもクリニックの内装もほぼ完成してきました。  昨日もまたクリニックの中に入り、どこに何を置くのかなど現場を見ながら色々考えておりました。悩ましいのですが受診する皆様のための「前向きな悩み」なので、やりがいがあります。  実は当院の設計でかなり悩んだことが一つあります。  自分も患者として他のクリニックにお邪魔する機会が時折あります。  靴を脱いでクリニックに上がり、スリッパに履き替えるクリニックも結構ありますし、そのまま土足で診察室などに入るクリニックもたくさんありますね。  では、当院は「院内を土足にするか、履き替えにするか」、どうしよう?  今日はこのことについて書いてみます。 ★ 院内スリッパ履き替え、ないし裸足方式  この方式のメリットとして、特に床暖房も設置すると冬場は患者さんも職員も非常に快適だと思います。あとは、小さいお子さんが床に這いつくばっても余り気にしなくて済むのは親御さんにとって楽だと思います。靴を脱げると楽だ、というお母さんも多いのではないでしょうか。  クリニック側からのメリットは床が汚れにくい、ということではないかと思います。患者さんの立場からも、他の条件が同じであれば床がきれいなクリニック