スキップしてメイン コンテンツに移動

食物アレルギーの書類や診断が必要な方は早めにご来院ください!

今晩は。 
今年はインフルエンザの流行がまだない代わりに、新型コロナウイルス感染症の猛威が続いています。
幸いお子さんがかかって重症になることは少ないのですが、お年を召した方がかかって命に関わる状況になり、医療も逼迫して通常なら助かる人も助からない状況が神奈川県東部では続いています。
お子さん方の自由を取り戻すためにも、もうしばらくの間は3密を避けてマスク手洗いの徹底、そして大人の会食はくれぐれも控えていただく様にお願い申し上げます。

以下、2年前にも記載した内容ですが大事な内容ですので一部修正して再掲いたします。

4月から小学校に入学したり、幼稚園や保育園に入園されるお子さんが多数いらっしゃると思います。

その際に食物アレルギーがあるお子さんは食物アレルギーの書類、「生活管理指導表」をかかりつけの先生に書いてきてもらってくださいと言われることでしょう。
今まで食物アレルギーがあるけど食べなければ何とかなるし、、、ということでかかりつけの先生と相談せずそのまま様子を見られていた患者さんと親御さんが入学直前に「食物アレルギーの書類を書いてください」と当院を受診されることがよくあります。今年も既にそういう方が数名来院されています。

確かに状況がはっきりしている場合、最近の適切な検査結果が手元にある場合はその場で書類が書けます。ただ、そういう方は普段かかりつけの先生に普段から相談し、しっかり診てもらっている方なのでまず困ることはないでしょう。
今までそういう相談をされていなかった方であればおそらく採血でデータを確認することが必要になるので、アレルギーの採血結果が出るまでには少なくとも1週間以上は時間が必要になります。
ただ、データを確認しただけで書類を書ける方は実はさほど多くありません。
大抵の方はまず受診していただき色々状況を確認し、診察したうえで採血を行い、1週間後に採血結果を確認し、そのうえで自宅で試せそうな食べ物は自宅で試していただき、、、となると真面目に食物アレルギーの書類を書いて提出するまでには1ヶ月以上は必要となります。

更に、自宅で食べると症状が出て危ない可能性がある場合は当院実際に食べる、経口食物負荷試験が必要になる場合があります。
当院は開業医でありながら経口食物負荷試験が可能な(神奈川県内でも珍しい)クリニックですが、この時期は負荷試験が混むことが多いです。
現時点で2月以降の枠はある程度空いていますが新型コロナウイルス感染症の影響で負荷試験を出来る人数が限られています。遅くても3月上旬には負荷試験を済ませておかないと書類提出までに間に合いません。
つまり、入学・入園前に今から「ちゃんと」食物アレルギーの診断をつけて書類記載が必要な場合はできるだけ早めに受診することが必要となります。
アレルギーの相談で当院を受診される場合、必ず一般診察で受診していただいております。お手数ですがWeb予約で順番予約をお取りいただきWeb問診を入力したうえでの受診をお願いします。

なお、付け加えますと赤ちゃんの頃の肌荒れが食物アレルギーやダニアレルギー、つまり喘息やアレルギー性鼻炎の原因になりやすいことがこの数年で分かってきています。
将来アレルギーで困る確率を減らすために赤ちゃんの肌荒れは早めに近くの先生を受診していただき、しっかり治すことが大事です。
新型コロナウイルス感染症が怖い、、、となかなか受診されないと治療のタイミングを逃して食物アレルギーが出てしまう方も時折お見かけします。

また、食物アレルギーは食べずに放っておいても治らない、むしろ治らなくなることも分かってきていますので食物アレルギーが気になる方でかかりつけの先生に相談していない、相談していてもはっきりした理由を示されずに「半年か1年は食べずに様子を見ましょう」と言われている方は早めに食物アレルギー診療が得意な先生を受診していただくことをお勧めします。
但し、だからと言って実際にアレルギー症状が出たことがある方が自己判断でその食べ物を試すのは非常に危険です。まずは必ずかかりつけの先生と相談してください!
食物アレルギーが得意な先生の見分け方は結構難しいのですが、目安としてはそのクリニックのホームページで「小児科・アレルギー科」と書いてあるだけでなく、食物アレルギーについての診療内容が一般論だけでなくしっかり踏み込んで書いてある病院やクリニックが良いでしょう。
病院の場合は経口食物負荷試験の実施数が一つの目安になります。「経口食物負荷試験実施施設」で検索していただけると負荷試験を行っている施設が分かると思いますが、少なくとも年間100件以上、出来れば200件以上行っている施設であればまず間違いないと思います。
食物アレルギーをお持ちのお子さんと親御さんは、出来れば入学入園前に慌てて近くの先生に駆け込むより、普段から信頼できる先生を受診していただき経過を見てもらう、可能であれば治療する方が間違いなくお子さんの将来のためには良い選択だと思いますが如何でしょうか。

世間では緊急事態宣言が出ている状況ですが、当院としてはWeb予約とWeb問診の併用、そして感染対策により新型コロナウイルス感染症も含めて患者さん同士のうつし合いを最小限にとどめるように心がけています。
例年、2月以降は花粉症の患者さんによりで当院はかなり混むため、思い当たりのある方は是非早めのご来院をお願い申し上げます。

コメント

このブログの人気の投稿

2020年インフルエンザワクチン接種につきまして(まとめ)

今日は。  今週になってやっと朝晩が涼しくなり、クーラーを使わなくても眠れる様になった方も多いのではないでしょうか。  ただ、今週に入って発熱と鼻水で受診される方が増えている印象があります。  皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。  先日2020年秋のインフルエンザワクチン予防接種についてのお知らせを記載したのですが、多少状況が変わってしまったので改めて記載させていただくことにしました。  また、前回のブログは内容が多すぎたので見やすくするために内容を分割することにしました。  2020年の当院におけるインフルエンザワクチン接種に関して最初に読んでいただく文面がこのページになります。  一通りお読みいただいた上で、それぞれの方に該当する内容のリンクを下に張ってありますのでそちらにお進み下さい。 まず、当院の2020年インフルエンザワクチン接種のまとめがこちらになります。 2020年10月26日から 当院でもインフルエンザワクチン接種を行います! 当院かかりつけの親子のために、通常の乳児健診・予防接種・ アレルギー外来受診時にインフルエンザワクチンを一緒に接種 します! ( 事前予約制 ) 乳児健診と一緒に、親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種と一緒に、11ヶ月以上のお子さんと親御さん1名 はインフルエンザワクチンを接種可能です! 通常の予防接種枠ではインフルエンザワクチン のみの予約は例外なくお断りします。 当院アレルギー外来通院中の患者さんは普段のアレルギー外来時に接種可能です !受診時にご相談ください。 上記に当てはまらない中学生以下のお子さん は「 インフルエンザ単独接種枠 」の予約をお願いします。 親子で一緒に接種を希望される方は「インフルエンザ(子ども+親1名)」の項目を予約してください。 親御さんのみの接種は行いません。 9月20日午前8時より受付開始:10月26日〜11月28日分 11月1日午前8時より受付開始 予定 :11月30日〜12月19日(変更の可能性があります) 接種回数 12歳以下は2回接種、 2回分別々に予約をお取り下さい 。 13歳以上は1回接種 料金:1回3,500円(年齢、接種回数に関係なく)  インフルエンザワクチン接種期間中、当院の診療時間は以下のようになります。  なお、月水金1

当院受診に関してのポイント集:乳児健診・予防接種(2020年5月)

 ここでは当院の乳児健診・予防接種に関する注意事項を記載しています。 ★ 初めて当院の乳児健診や予防接種を受けられる方は 当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページ をご参照ください! 特に最近の予防接種のスケジュールは複雑になっています。より多くの病気を予防接種により防げるようになってきたのは間違いなく医学の進歩でありお子さんにとっても間違いなく良いことですが、親御さんにとってはそれだけわかりにくい、混乱しやすい状況になってきています。  予防接種のスケジュールについては 当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページ でも解説しておりますのでまずはそちらをご参照ください。  当院の予防接種予約では2ヶ月から5ヶ月までに接種するワクチンのセットを作成してあります。そちらを選んでいただくと分かりやすいと思います。また、1歳過ぎでは不活化ワクチンセットを選んでいただき、1週間以上後に生ワクチンセットを選んでいただくと分かりやすいです。  ご参照いただいても打つ順番や適切なタイミング、適切な組み合わせが分からない場合、迷う場合はご遠慮なく診療時間中に電話で御相談いただいても構いません。ただし、話しが複雑すぎるなどの理由でお電話での説明が難しい場合は受診していただき、直接対面形式で相談させていただくこともあります。 ★ 当院の乳児健診・予防接種は事前予約制です。 現時点では60日前から前日まで 予約システム で事前に予約を取れますので、状況次第では「次の次」の予約まで入力が可能です。  当院の乳児健診・予防接種の予約はインフルエンザワクチンを接種する時期、10月から12月までが大変混み合います。この時期に該当する方はなるべく早いタイミングで予約を入れていただくことを強くオススメします。  一方、直前の時期でもキャンセルが発生した分虫食いのようにぽっかりと予約枠が空いていることがあります。宜しければ是非ご利用ください。  また、乳児健診と予防接種の予約を同じ日の立て続けの時間(例えば14時半の乳児健診枠と14時45分の予防接種枠)に入れていただくのは通院回数が減らせますのでお勧めします。例えば1歳になった直後に12ヶ月健診と不活化ワクチン3種類接種、ないし生ワクチン3種類接種を同時に行うことが出来ます。  7ヶ月から11ヶ月の間の赤ちゃんは、乳児健診と同

当院の時間予約(乳児健診、予防接種、アレルギー外来)について予め知っておいて頂きたいこと

今晩は。 漸く夏の暑さもピークを過ぎたようですね。 ただ、熱が出る風邪や鼻水が沢山出る風邪を引いて当院を受診される方が相変わらず多いです。 体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。 今年度のインフルエンザワクチン接種については最終調整中ですので、今週中には一通りこちらで発表出来る予定です。 もうしばらくお待ちください。 今回は、上記インフルエンザワクチンの予約にも関わってくる内容について記載しておきます。  当院では時間予約、「◎◎時◎◎分にお越し下さい」という形の予約枠があります。  患者さんからお取り頂ける乳児健診、予防接種、インフルエンザワクチン単独接種枠。そして、受診時のみ次回予約をお取りしているアレルギー外来です。  開院して3年余り、おかげさまで当院を受診して頂ける患者さんはどんどん増えています。  そして、特に10月から12月、インフルエンザワクチンを接種する時期には時間予約枠を御利用いただける方が非常に多く、昨年の時点でも既に予約を取るのに苦労されている方を多くみかけます。  そこで、今回は当院の時間予約を御利用頂くにあたり当院をうまく利用するこつ、皆様にお守り頂きたい事項を記載しておきます。 1. 予約時間まで、出来れば5分前までにお越し下さい。   例えば予約時間が「14:45」ないし「14:45〜15:00」となっている場合、必ず14:45までにご来院下さい。  14時45分からの15分間はその患者さんのために確保しております。そして、当院にいらっしゃってから受付を済ませてから問診票を記載したり体温を測り、診察もある程度の時間を要します。ご来院いただいてから診察終了までに必要な時間全てを見越して当院側では予約時間を設定しています。  5分前にご来院いただければまず問題ありません。  しかし、例えば14:50に来院された場合、14:45からするとちょっと「遅刻」です。患者さんの持ち時間は15分ではなく10分と短くなります。この程度でしたらまだ当方でも何とかしようと思いますし何とかなることが多いのですが、次の方をお待たせしないようにと考えると診察がいつも以上に早口になってしまったり聞きたいことが聞けない雰囲気になってしまう可能性があります。  更に、14:58にご来院された場合、これは完全に「遅刻」です。