スキップしてメイン コンテンツに移動

お子さんと親御さんの花粉症はアレルギー専門医の当院へ!

 おはようございます。

 昨晩から今日にかけて、横浜では雨が降っています。

 普段は雨だと傘を差したり通勤に自転車が使えない、面倒くさいな、、、となるのですが、この季節に限ってはうれしい恵みの雨です。

 そう、実は院長もスギ花粉症なのです。

 1週間前は風邪の治りかけによる蓄膿症(副鼻腔炎)とスギ花粉症がかぶり頭痛が出てしまい薬を飲んでも収まり切れず、半日寝込んでしまったほどです。
 しっかり治療したいところなのですが、何せ「医師は自分自身に処方できない」という大原則があるので自分の治療はなかなか出来ず困っています。

 この数年、大人だけでなく子供の花粉症が明らかに増えています。

 昔より低年齢で子供のうちに花粉症になる方が沢山いらっしゃるので、最早3歳の花粉症は驚きません。

 症状は大人とだいたい一緒、眼がかゆくて鼻が詰まって鼻水がずるずる出ることが多いです。
 意外と本人は眠れていて元気なことが多いですが、いびきをかいているので隣で寝ている親御さんが困ったり、本人が覚えていなくても夜間に起き出して親御さんが巻き添えを食らって困っている方も多数いらっしゃいます。

 院長は小児科専門医かつアレルギー専門医であり、以前よりお子さんと親御さんの花粉症の治療も行っています。
 今年は先週から本格的に花粉が飛び始めたため、当院に花粉症の治療をご希望され、または花粉症を疑い来院される患者さんが明らかに増えています。
 お子さんは勿論のこと、お子さんのことで手一杯になりなかなかご自身の治療のため他院を受診出来ないという親御さんの花粉症治療も積極的に承っています。
 受診するかどうか迷われている方がイメージしやすいように、今回は花粉症の診断、治療の流れを記載しておきます。


1. 診断、検査

いつ頃からどんな症状が出ているか、どんなときに悪くなるのか、昨年も同じような症状があったかなど色々お伺いします。
 お子さんの場合特に、風邪がなかなか治らないのと花粉症が出ているのかで見極めが必要になりますが、これは結構難しく小児科医としては腕の見せ所になります。
 先週の私のように両方がかぶることも結構あります。

 証拠固めのため、体がスギやヒノキ、ダニなどに反応しているかどうか診るために採血を行うことも多々あります。
 ただ、花粉症を疑ってもその場で全員に採血を行うわけでは決してありません。特にお子さんの場合その場で採血する、いきなりチックンすると言われたら嫌がるに決まっています。
 確かに早めに診断をしっかりつけた方が話が早いので基本的には一度は採血しておくことをお勧めしますが、花粉症も疑うけどどちらかというと風邪、蓄膿を疑ったりお子さんや親御さんがいきなり採血はちょっと、、、ということであれば、先に試しに治療して効果を確認してから証拠固めの採血をすることも多いです。
 採血結果が出るまでには1週間かかりますので、早めに診断をつけたい場合は早めの段階での採血をお勧めします。

 また、スギ花粉症の場合はだいたい2月下旬から4月下旬まで続くことが多いです。つまりゴールデンウィーク頃には漸くスギ花粉症から解放されることになります。
 この時期になっても症状が残っていたり、他の季節にも症状が出ている場合は他の花粉やダニが原因になっている可能性があります。
 診断がつくまでは1,2週間に1回、診断が確定して効く薬が分かれば月1回程度の受診を目安にしています。

2. 花粉症シーズン中の治療

お子さんの場合、主に飲み薬を使います。昔は眠くなる薬が多かったのですが、今ではお子さんでも使いやすく効果もあり眠くならない薬がたくさん出てきましたので、なるべく眠くならない薬を使うように心がけています。
 年齢にもよりますがシロップ、粉薬、錠剤(飲み込む薬となめる薬)を使い分けています。
 眼がかゆいお子さんには目薬を処方します。親御さんが頑張れば目薬は使えることが多いですし効果も十分にあります。一部の本当にひどい方、点眼のステロイドをずっと使わなければいけない方に限っては眼科の先生に治療ををお願いすることもあります。
 おおきなお子さんや大人であれば点鼻薬がかなり効きますので積極的に使います。ただし点鼻薬は経験上小学生くらいまでのお子さんは嫌がることが多く、なかなか続けられないことが多いです。よって小学生までは基本は飲み薬、症状が強いときに点鼻薬を使っていただくようにお話ししています。
 ただ、残念ながらこれらの薬は症状を和らげる、抑える効果はありますが抑えきれないことも結構あります。上記の薬はいずれも根本的に治す薬ではありませんので、毎年例外なく2月下旬から4月下旬に症状が出てくるとその度に眼がかゆい、鼻が詰まって集中出来ないと言いつつ薬を使うことになります。

※眠たくなる薬に気を付けてください!

余談ですが大事な話なのでここで触れておきます。
 昔からある花粉症や鼻水止めの飲み薬は眠くなることが多く、その結果集中力が落ちることがあります。ポララミン、ペリアクチン、ザジテン(ケトチフェン)という薬が代表的です。
 専門用語ではインペアード・パフォーマンスと言いますが別称の「鈍脳」という呼び方が分かりやすいです。しかもこの作用はご自身では気づきにくく、親御さんからみても何となく鈍いのが気になるけどそのまま何となく様子を見ている、という事が多いです。
 また、眠くなりやすい薬を痙攣持ちのお子さんが使うと痙攣を起こしやすくなることも知られています。今まで痙攣したことがないお子さんでも痙攣しやすくなる可能性があります。
 当院では患者さんや親御さんのためにも必要以上に薬を使わない、使うとしてもなるべく副作用を起こしにくい薬、できる限り眠くならない薬を使うようにしています。
 十日市場周辺地域の方で上記の話が気になる、思い当たりがある方は是非お気軽に御相談ください。

3. 環境整備

花粉症には薬で症状を抑える、和らげることが出来ますが普段の生活でも注意することがあります。
 花粉症は花粉に対して反応するわけですから花粉となるべく触れない、特に自宅に花粉をなるべく持ち込まないようにする方が良いわけです。
 お子さんの外出中はやむを得ないと思いますが帰宅したら玄関で上着をはたく、顔を洗う、可能であればお風呂を浴びてまるごと花粉を洗い流してから洗ってある服に着替えると症状は和らぎます。
 また、洗濯物や布団を外で干したり外ではたくとその分花粉が大量につきますのでなるべく室内で済ませた方が良いです。
 個人的には空気清浄機もある程度有効だと判断しています。

4. 花粉症シーズンが終わってからの根本的治療:免疫療法

私自身もそうですが、毎年2ヶ月間薬を使っても症状が強いときはつらいです。

 これが一生続くのかと思うととても憂鬱です。
 一方、喉元過ぎれば熱さを忘れるとは良く言われますが、実際にゴールデンウィークになり症状が治まり6月頃にはあの眼のかゆさ、鼻詰まりの苦しさなどつらかったことはすっかり忘れてしまう方が多いのではないでしょうか。

 ところで、最近ではお子さんでも花粉症の根本的な治療、免疫療法が出来るようになりました。
 全員ではないですが頑張って続けていただければかなりの方に有効ですし、今年からはだいたい5歳以上の方であれば当院で治療することが出来る様になります。

 また、当院通院中の患者さんの親御さんでも御相談いただければ治療が可能ですし、既に治療を開始し通院されている親御さんもいらっしゃいます。

 以下、簡潔にポイントを書いておきます。
 ★ まずスギ花粉症であること、他の花粉が悪さしていないことを確認する必要があります。そのためには採血検査の結果確認が必須となります。

 ★ 6月から12月の間であれば開始可能ですが、出来れば4月から5月のうちに予め御相談いただけると助かります。
 ★ 開始前に十分に治療内容をご理解いただくことが必須になります。事前に説明資料をお渡しし、必要であれば説明させていただきます。
 ★ 初めて治療薬(シダキュア、シダトレン)を処方し使用する日は治療内容を十分に理解していただいているか確認させていただいたうえ処方させていただき、処方された薬を院内に持ち帰って使用していただき、30分間以上副作用が出ないことを確認する必要があります。
 ただ、院長は食物アレルギーの専門家でありアレルギー症状出現時の対応は慣れていますのでご安心ください。
 昨日もそこそこ重症なアレルギー反応、アナフィラキシーで受診された急患のお子さんの対応を当院でさせていただきました。
 つまり、治療を開始する日の診察は2〜3時間を要しますので予めご了承ください。(この時はなるべく完全予約制のアレルギー外来の枠を使っています)
 ★ 治療期間としては3年以上続けること、毎月1回当院を受診していただくことが必要になります。
 そのため、この治療に関しては自宅から余り遠すぎないクリニックで行うことをお勧めしています。
 初回と異なり問題が無く順調であれば診療時間はかなり短くて済みます。
 ★ 治療を開始したからといってすぐに効果が表れるとは限りません。2年目、3年目と薬が効いている方が徐々に増えていきます。

 以上、スギ花粉症の根本治療にご興味のある方は是非「スギ 免疫療法」で検索してみてください。
 なお、今回は詳しく触れませんでしたが1年中鼻炎などの症状が出ているダニアレルギーの方の治療もスギとほぼ同様になりますし、当院で多くのお子さんが既に治療を開始しています。

 因みに2019年2月現在でスギやダニの免疫療法を行っている十日市場駅前周辺のクリニックは当院のみです。
 (だから私自身は免疫療法をしたくでも出来ずに困っています。)

 ということでかなり長文になりましたが、十日市場周辺地域でスギ花粉症を疑うお子さんと親御さんは、当院で専門家による診断や治療が可能です。
 是非気軽にご来院、御相談ください!

コメント

このブログの人気の投稿

ホームページ公開しました&小児科指導医資格を取得しました

こんにちは。
インフルエンザの流行が本格的になってきました。
勤務先のスタッフの家族がインフルエンザにかかった、という話しもちらほらと聞こえてくるようになりました。
くれぐれもマスクと手洗い、心がけてください。

先ほどですが、当院のホームページがアップされました。
是非ご覧ください。
http://tokaichiba-kodomo.jp/
このブログと似たアドレスを取得しております。
開院後は本格的なHPを公開する予定ですが、開院まではこの簡易ホームページとこのブログで情報発信させていただきます。

また、最近一つ院長の資格が増えました。
日本小児科学会では今まで専門医以上の資格がなかったのですが、専門医制度改革に合わせて「指導医」という資格が新設されました。
取得条件としては
☆ 小児科専門医を取得して1回以上更新すること
 5年ごとに更新するのですが、その際には学会などの出席点が必要となります。
☆ 小児科医のための臨床研修指導医講習会受講、またはeラーニング受講
 これは以前在籍していた病院の上司の計らいで上記講習会を受講済みです。
 eラーニングも一通り完走済みです。一応eラーニングの専門家を養成する大学院に在籍するので色々コメントは出来ますが、それはまた別の機会にさせていただきます。
☆ 2011 年 1 月以降に、査読制度のある雑誌に小児科関連論文:1 編の掲載(共著可)
 昨年秋に、該当する論文を自ら執筆し発表しております。
 査読制度のある雑誌に自分の論文を掲載していただくことは結構なハードルがあります。
 共著可なので自分が論文を書かなくても条件を満たすことは可能ですが、、、
以上の条件を満たしたので、このたび指導医の資格をいただくことが出来ました。

確かに小児科指導医の資格がなくても小児科診療は出来ますし、医師免許さえ有れば小児科指導医どころか小児科専門医の資格がなくても小児科診療は出来ます。
さすがに専門医を取得していないのに専門医を標榜している先生はいらっしゃらないと思いますが、専門医を取得しておきながら自ら進んで公表していない先生もいらっしゃるかもしれません(表示の義務はありません)。
実際に小児科専門医の資格を持っていないが素晴らしい小児科診療を実践されている先生を私は存じ上げておりますし、逆に専門医の資格を持っているから患者さんにとっ…

2019年度インフルエンザワクチン:単独接種枠は9月1日午前8時より予約開始予定です!乳児健診と通常の予防接種枠での同時接種は受付開始しました!

今日は。
 この数日はちょっと涼しくなり、過ごしやすくなりました。
 ただ、何故か鼻水や咳が出たり下痢をしてご来院される方が多くいらっしゃいます。
 冬の病気が何故か夏に流行っているようです。
 皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

 さて、今回は2019年秋のインフルエンザワクチン予防接種の第二報です。
 第一報は過去のブログに記載していたのですが、他の記事の最後に書いているためお気づきでない方もいらっしゃるかと思います。

 以下かなりの長文になりますが、一度は目を通してからインフルエンザワクチン接種の予約をお願い申し上げます。
 まず今年の概略、ダイジェストは以下の通りです。

 では、以下に細かく説明を記載しておきます。
★今年もインフルエンザワクチンは余り多く入荷しません。 この事実をまず記載しておきます。

 各薬剤卸業者、クリニックにワクチンを供給する会社は前年度のワクチン接種実績、つまり販売した本数を元に今年の供給数を決めています。
 製薬会社は今年も昨年と同程度のワクチンしか作らないため、当院が入手出来るワクチン数は昨年と大きくは変わらないとのことです。

 一方、開院当初から当院に受診していただいている方はよく分かると思いますが、当院を受診してくださる患者さんはおかげさまで徐々に増えています。
 つまり、当院でインフルエンザワクチン接種を希望なさる患者さんは昨年より今年の方が多いと予想しています。
 となると、当院のインフルエンザワクチン予約は不本意ながら、「早い者勝ちの争奪戦」になることが予想されます。

 では、十日市場地域の小児科である当院はどんな方を優先して接種すべきか?ということになります。

1. 普段から当院を受診してくださっている十日市場地域のお子さんと親御さん
 普段から当日予約や乳児健診、予防接種で当院をよく利用してくださっている方はおそらくこのブログや予約システムをよくご覧になられていると思います。
 予約システムやこのブログで情報を発信させていただいていますので、毎日でなくて良いのでたまには覗いていただけると助かりますし、インフルエンザワクチン予約の情報も手に入れやすいのではないでしょうか。
 ただし、今年は昨年まで以上にお子さんの接種を優先させていただきます。また、お子さんが小さくて他のクリニックに行く手間がないという親…

土足?履き替え?

こんにちは。
 春一番が吹いたと思ったら花粉が飛び始めましたね。
 私自身も花粉症持ちなので杉花粉の飛び具合はよく分かります。

 ちなみに院長は花粉症の治療も行っています。
 従来通りの症状を抑える薬を適切に処方することは当然可能です。加えて、12歳以上であれば「シダトレン」という薬による花粉症の治療が可能です。この薬の処方、治療は許可制となっているのですが、院長はその資格を持っています。
 ただし、有る程度根気が要る上に全ての人に対して有効な治療ではないので、検査と十分な説明をさせていただいてから治療を本格的に行うかどうか決めることになります。
どちらにしろ花粉症のシーズンが終わってから、つまり当院が開院してからまもなく治療が可能になりますので、興味のある方は開院後に是非お問い合わせください。もしよろしければ「シダトレン」で検索して、当院に相談する前に予め情報を入手しておくと相談は更にスムーズになるでしょう。
 機会があれば花粉症関連の話は後日、詳しく記載させていただきます。

 それはともかく、十日市場こどもクリニックの内装もほぼ完成してきました。
 昨日もまたクリニックの中に入り、どこに何を置くのかなど現場を見ながら色々考えておりました。悩ましいのですが受診する皆様のための「前向きな悩み」なので、やりがいがあります。

 実は当院の設計でかなり悩んだことが一つあります。
 自分も患者として他のクリニックにお邪魔する機会が時折あります。
 靴を脱いでクリニックに上がり、スリッパに履き替えるクリニックも結構ありますし、そのまま土足で診察室などに入るクリニックもたくさんありますね。
 では、当院は「院内を土足にするか、履き替えにするか」、どうしよう?
 今日はこのことについて書いてみます。

★ 院内スリッパ履き替え、ないし裸足方式
 この方式のメリットとして、特に床暖房も設置すると冬場は患者さんも職員も非常に快適だと思います。あとは、小さいお子さんが床に這いつくばっても余り気にしなくて済むのは親御さんにとって楽だと思います。靴を脱げると楽だ、というお母さんも多いのではないでしょうか。
 クリニック側からのメリットは床が汚れにくい、ということではないかと思います。患者さんの立場からも、他の条件が同じであれば床がきれいなクリニックの方が印象がよくなりますよね。

 ただし…