スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

10月, 2018の投稿を表示しています

当院受診に関してのポイント集(2018年10月版):まとめ

いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。
 開院して2年半が経過し、おかげさまで多くの患者さんに当院を受診していただけるようになりました。
 皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を受診していただけるようにこの度「当院受診に関しての注意点」を大幅に改訂し、以下にまとめて記載しておきます。
当院の特徴:各外来に共通すること ★当院は予約優先です。 院内で必要以上にお待たせすることを防ぐこと、風邪のうつしあいを少しでも防ぐために当院はいずれの外来も予約優先にしています。
 予約の順番が取れて順番通り、もしくは診療時間前にご来院いただれば責任を持って診察させていただきますので、予約だけは頑張って確保していただいたうえ気軽にご来院下さい。
 一般診療外来では予約無しでの直接来院もできる限り対応させていただきますが、長時間お待たせすることが多いうえ、運が悪いと受診出来ない場合もありますので順番予約をお取りいだだいてからのご来院を強くお勧めいたします。
 予防接種や乳児健診は60日前から前日までの予約です。状況次第では「次の次」の予約を取っていただいても構いません。
 アレルギー外来は受診された際に当方から次回予約をお取りしています。
★予約時間・日にち変更をご希望なさる場合は是非ご連絡ください。 確保してある受診予定の順番や時間までに予めご連絡いただければ、可能な範囲内ではありますが極力予約の日程・時間変更などを承っています。
 お子さんの体調が急に悪くなったり急な用事が発生して予定通りにご来院出来ない場合があるのは承知しておりますので、出来る限り融通はつけさせていただくようにしています。
 ただし、事前のご連絡なく予定の順番や時間にご来院されない場合、つまり無断キャンセルの場合は当方からの予約の取り直し、変更は行いません。改めて患者さんの方から予約を取り直していただいたり、アレルギー外来の患者さんであれば改めて一般診療外来で受診していただくことになります。

★質問がある方はメモを持参することをお勧めします。
★問診票は予め記載しておくとスムーズです。 一度でも受診された方は分かると思いますが、院長は大抵早口です。ある程度時間がある時はなるべくはっきりゆっくり話す様に心がけておりますが、お待たせしている患者さんが多い時などはどう…

当院受診に関してのポイント集(2018年10月版):一般診療外来

十日市場こどもクリニックは「十日市場の小児科クリニック」です。また、「小児アレルギー専門クリニック」でもあります。
 当院の診療時間の大半は一般診療外来を行っています。
 風邪の方やお子さんの体で気になるところがある方は気軽に受診していただいて結構です。更には小児アレルギー専門クリニックとして当院を初めて受診される方も対象に診療しています。
 原則的に午前中は当日7時半から予約開始、9時半から12時まで診療を行っています。ただし火曜日のみ10時半から12時までの診察になります。
 月水金の午後は当日正午から受付開始、16時から18時半まで診療を行っています。

 一般診療外来は以前より予約が埋まることが増えてきたので、受診をご希望される方は早めに順番をお取りいただくことをお勧めします。予約の順番が取れてご来院いただれば責任を持って診察させていただきますので、「こんなことで受診して良いのか」と迷うくらいでしたら予約だけは頑張ってとっていただいたうえ、是非気軽にご来院下さい。
 順番予約をお取りいただいた場合、午前中で早めの順番が確保出来た方は少し早めにご来院いただけると助かります。現状では午前の早い時間は意外とすいていると思っていたら、後から一気に患者さんが押し寄せて待合室がいっぱいになり待ち時間も一気に増えることが多いです。
 なお、診察の順番になってもいらっしゃらない場合は勝手ながら後回しにさせていただくことがあります。その場合、患者さんの診療内容によっては数十分単位でお待たせすることがありますのでご了解ください。予約の順番は早めに取れたけどご来院、受診までもう少し時間がかかるという方は、予めご連絡いただければ出来る範囲で対応させていただきます。
 直接ご来院いただいた患者さんもなるべく診察させていただいていますが、かなりお待たせすることがあります、。1時間以上待ちは覚悟していただいた方が良いです。診察終了後に院長の所用がある場合など状況によっては診察出来ない、診察をお断りする場合もございますので予めご承知おきください。

当院受診に関してのポイント集(2018年10月版):アレルギー外来

当院、十日市場こどもクリニックでは横浜市緑区内の数少ないアレルギー専門医として、主に小児を対象とした完全予約制のアレルギー外来を開いています。

 院長は小児アレルギー診療を専門としており、特に一番得意な食物アレルギーに関しては十日市場地域のみならず横浜市緑区および周辺地域の方を診療させていただいています。
 食物アレルギーに関しては少しでも食べておいた方が治りが良い、逆に食べないと治らないどころか食べられなくということが分かりつつあります。一方、リスクの高い方がどのタイミングでどのくらい食べれば良いか、というさじ加減はまだ専門家の領域ですので是非当院で御相談下さい。
 また、最近では乳児湿疹やアトピー性皮膚炎が食物アレルギーやダニアレルギーにかなり悪さをすることが分かってきたので、食物アレルギー予防のためにも赤ちゃんの肌荒れにも積極的に対応しています。赤ちゃんの肌荒れが気になるようでしたら是非早めに近くの先生を受診してください。十日市場周辺地域の方でしたら是非当院にお越し下さい。

 お子さんのアトピー性皮膚炎の治療も積極的に行っています。お薬を処方するのが目的ではなくお子さん方の皮膚の状態を良くする、良い状態を保つのが当院の治療の目的です。よってステロイドの塗り薬などをただお出しするだけでなく、使い方の説明やスキンケアについての説明もなるべく行っています。

 当然ながら小児気管支喘息や花粉症治療(薬物療法、スギ花粉の免疫療法)、ダニアレルギーの免疫療法もアレルギー専門医として積極的に対応しています。
 10年以上前は小児気管支喘息の患者さんをかなり診察していましたが、治療の進歩により重症の方はかなり減りました。喘息で入院するお子さんはかなり減り、地元のかかりつけの小児科クリニックで殆どのお子さんの喘息は抑えられるようになりました。
 ただ、小学校以上になっても喘息が残る方は将来の影響を考慮するとなるべく小児科クリニックを定期受診していただき、小児科のアレルギー専門医(ないし小児喘息を十分に理解して治療や検査に慣れている先生)が定期的に検査を行い状況を確認した方が良いです。大人の喘息はなかなか治りにくい病気として捉えられることが多いのですが、小児ぜんそく、小児気管支喘息は「大人まで残ったとしてもうまく付き合っておけば大人になって困らずに済む」病気です。小児ぜんそく…

当院受診に関してのポイント集(2018年10月版):乳児健診、予防接種

当院の乳児健診および予防接種は原則的に60日前から前日まで、予約システムで受け付けております。
 特に最近の予防接種のスケジュールは複雑になっています。より多くの病気を予防接種により防げるようになってきたのは間違いなく医学の進歩でありお子さんにとっても間違いなく良いことですが、親御さんにとってはそれだけわかりにくい、混乱しやすい状況になってきています、
 予防接種のスケジュールについては当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページでも解説しておりますのでまずはそちらをご参照ください。ご参照いただいても打つ順番や適切なタイミング、適切な組み合わせが分からない場合、迷う場合はご遠慮なく診療時間中に電話で御相談いただいても構いません。ただし、話しが複雑すぎるなどの理由でお電話での説明が難しい場合は受診していただき、直接対面形式で相談させていただくこともあります。

 乳児健診や予防接種は時期によっては1ヶ月以上待ちになっておりますので早めのご予約をお勧めします。現時点では60日前から予約を取れますので、状況次第では「次の次」の予約まで入力が可能です。
 一方、直前の時期でもキャンセルが発生した分虫食いのようにぽっかりと予約枠が空いていることがあります。宜しければ是非ご利用ください。
 また、乳児健診と予防接種の予約を同じ日の立て続けの時間(例えば14時半の乳児健診枠と14時45分の予防接種枠)に入れていただくのは通院回数が減らせますのでお勧めします。例えば7ヶ月頃に健診とB型肝炎ワクチン3回目を一緒に行ったり、1歳になった直後に12ヶ月健診と不活化ワクチン3種類接種、ないし生ワクチン3種類接種を同時に行うことが出来ます。

 ご来院いただく時間ですが、例えば14時半から14時45分までの予約枠の場合
★14時半までにお越しいただければ十分な時間を確保出来ます。
 ただし予防接種、乳児健診で当院を初めてご利用される場合はカルテ作成やアンケートなどがありますので、10分ほど早めにお越しいただいた方がスムーズです。
★14時半から14時45分前にお越しいただいた場合はなるべく一通りの対応をするようにしていますが、その分14時45分以降予約の患者さん方をお待たせする可能性があります。
★事前連絡無く14時45分以降にご来院いただいた場合には出来る範囲での対応は行いますが、予定していた…

当院の一般診療やインフルエンザワクチン予防接種を受ける方、事前に問診用紙のダウンロードが可能です!

今日は。
すっかり涼しくなったと思いきやこの数日は夏の暑さが戻ってきてしまいました。
寒暖差の激しいときは風邪もひきやすいものです。
体調管理にはお気を付け下さい。

ところで、当院のHPをご覧の方であればご存じの方も多いと思いますが、当院の一般診療の問診票はこちらからダウンロードが可能になっています。
是非ご利用ください。
まずは、この問診票を自宅でプリントアウトし予め記入してからご持参いただけるとお互いに時間の節約が出来て助かります。
ただし、自宅でPDFをプリントアウト出来るご家庭がそれほど多くないのは存じております。そんな方でも、予めこのPDF内容ををご覧いただければどんなことを聞かれるのか予め分かると思います。特に、状況を把握しているお母さんが仕事などで連れてこれない場合、代わりにお子さんを連れてきてくださるお父さんなどにこの問診票を埋められるような情報を伝えておいていただけると、診察がスムーズになりますしお父さんも困らずに済みます。
このブログやHPをスマホでご覧になっている方も、そういうつもりでこの問診票をご覧いただけると宜しいかと存じます。

また、当院のインフルエンザワクチン予防接種の問診票もこちらの中ほどからダウンロード出来ます。
来院してから問診票を記載していただいても構わないのですが、記載するのには結構時間がかかりますしお子さんの面倒も見なければならない状況で記載するのは大変だと思います。
事前に当院に立ち寄った、ないし受診された際にインフルエンザワクチン予防接種の問診票を受け取っておいて当日ご持参していただくのもお勧めです。
また、自宅でプリントアウトできる方であれば当院に立ち寄らなくても予め自宅でダウンロードし記載していただき当日ご持参いただけるとかなり時間が節約出来ると思います。
(ついでに、インフルエンザに関する説明コンテンツも一通り読んでおいていただけると助かります。)

更には通常の予防接種や乳児健診も、来院してから問診票を記載されるのだとかなり時間がかかりますしお子さんが気になると思います。
来院時の体温以外は自宅で予め記載できる内容ですから、書けるところは予め書いておいてからご来院いただくことを強くお勧めします。

クリニックにご来院いただいてから色々書こうとすると大変ですので、記載できる内容は予めご自宅で時間や他の方の手があるうちに書いておくことをお勧…

当院の2018年度インフルエンザワクチン予防接種予約受付は終了しました。

今晩は。
表題の通り、大変心苦しいのですが当院の2018年度インフルエンザワクチン予防接種予約受付は先ほど終了しました。
今年はより多くの十日市場地域の親子、そして当院かかりつけの方に接種出来ればと考え案を練っていたのですが、ワクチン自体の入荷が限られている状況ではどうしようもありません。
今年度は今まで以上に多くの方からご予約をいただきましたため、これ以上予約を承ると予約を取っているのに接種出来ない方が出てくることになります。
ご意向に添えなかった方には大変恐縮ですが、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
まずは取り急ぎ、上記ご報告させていただきます。

ただ、インフルエンザワクチン単独接種枠でキャンセルが出た場合、現時点ではまだ予約が可能になっています。
たまたまキャンセルされている枠を見つけた場合は遠慮無くご利用ください。
ではよろしくお願い申し上げます。

インフルエンザワクチン続報:当院の通常接種枠は12月1日で終了致します。

今晩は。
天気や気温の移り変わりが激しい時期ですが皆さんお元気でしょうか。
当院も相変わらず鼻水や咳の風邪、熱の風邪で受診される方が沢山いらっしゃいます。
体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、インフルエンザワクチンの続報です。
予約システムでも記載していますが、今年度もインフルエンザワクチンが不足気味です。
そのため当院では12月1日まででインフルエンザワクチン単独予防接種枠を終了致します。
まだ接種開始する前に気が早い気もしますが、それだけ多くの方に申し込んでいただいているにもかかわらずワクチンの入荷が少ない状況になっています。
ただし、既にご予約いただいた方のワクチンは確保してありますのでご安心下さい。

アレルギー外来枠や通常の予防接種枠での同時接種はまだ受け付けておりますが、こちらも入荷予定のワクチンの底が尽きつつあるので近日中に受付制限をせざるを得なくなりそうです。(追記:10月3日夜に予約を締め切りました。)
現時点ではまだ普通に予約が可能ですので、なるべく今のうちにご予約ください。
結果的に当院で1回しか接種出来ない方もいらっしゃいそうですが、もう1回は他院で接種していただいても構いません。
また、予約日に接種出来ないことが確定している、または接種出来なかった方につきましては予約当日までにご連絡いただければ出来る範囲で接種日を調整します。ただし翌日以降ですと振り替え不可能とご判断ください。

皆様にはご不便、お手数をおかけしてしまい大変恐縮ですがよろしくお願い申し上げます。