スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

当院で出来ることその2:食物アレルギー診療

こんにちは。
いつの間にか大晦日になってしまいました。
十日市場こどもクリニックの内装工事も始まりました。今はまだ白いシートに囲まれて中が見えないようですが、春になれば中が覗けるようになるかもしれませんね。



さて、今回は十日市場こどもクリニックで出来ることその2:食物アレルギー診療についてです。
食物アレルギー診療のポイントを書くと以下の3つになります。

1. 赤ちゃんの湿疹はなるべく早く、しっかり治したい
10年近く前から言われ始めた話ですが、赤ちゃんの肌が荒れていると、肌から直接食べ物が体に吸収されやすくなります。そうなると食物アレルギーが起きやすくなるというのです。
逆に、食べ物を口から食べて吸収されると食物アレルギーが起きにくくなると言われています。現在、専門医ではアレルギーがある食べ物でも適切な量(これが大事!)を少しずつ食べ続け、増やすことによりたくさんの量が食べられるようになるという治療が行われるようになっています。
まず皆さんが出来ること、お願いしたいことは「赤ちゃんの湿疹はなるべく早く、しっかり治しましょう」ということになります。
赤ちゃんの湿疹が出てきて、顔や首が紅くなって気になるようでしたら近くの小児科でも皮膚科でも結構ですので是非受診し、相談してください。

※余談ですが、院長自身は「迷ったときに念のため受診」というのは基本的に良いことだと考えています。今時はネットで情報を集めることが出来ても、どの情報が正しくて自分のお子さんに当てはまるかわかりにくい時代です。かといって周りに気軽に相談できる方も少なくて困っているというご家族もよく見受けます。そういう場合はまず小児科、当院で相談してもらっても構いません。結果的に何でも無い、様子を見て良いからそれに超したことはありません。
その代わり、その経験からご家族は子育てについての知識を学んでいただきたいと思いますし、「保護者が学ぶためのお手伝い」を当院ではしてきたいと考えております。

2. 食べ物の制限はなるべく少なくする:「必要最小限の食物除去」
10年以上前は食物アレルギーが疑われるととにかく食べるのをやめておく、そうすればそのうち治る、、、といわれていました。しかし、現在ではこの考えはほぼ否定されています。
逆に、例えば生卵丸ごと1個食べるとアレルギー反応で体が紅くなったり咳が出るお子さんでも、火が…

当院で出来ることその1:小児アレルギー診療

今晩は。2週間ぶりの書き込みになりますが、今後はもう少し書き込む頻度を上げていく予定です。
 よろしくお願い申し上げます。

 今日の内容は「当院で出来ることその1:小児アレルギー診療」です。

 院長は小児科専門医であるだけでなくアレルギー専門医です。
 最近はアレルギーの患者さんが明らかに増えており、ぜんそくや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎や花粉症、これらのいずれかでお悩みのお子さんがたくさん居ると思います。
 そういうお子さんたちにより適切な医療を行い、普段アレルギーで困る頻度を少しでも減らしていくのが私の役割だと思っています。

 以下、項目に分けて書いてみます。
☆ ぜんそく(気管支喘息)
 昔からぜんそくでお悩みのお子さんはたくさんいらっしゃると思いますが、日本では21世紀になってから発作を予防する良い治療が広まったために開業医の立場でも十分に対応出来る病気になりました。
 それでもまだぜんそくでお悩みのお子さんはたくさんいらっしゃいますし、普段から薬を使ってぜんそく発作を抑えておいた方が良い方はたくさんいらっしゃいます。

 また、近くの先生にぜんそくと言われていなくても
「うちの子、風邪をひくといつも夜にぜーぜーして苦しそうなんだよね」
「ぼく、毎年春や秋の明け方には咳がたくさん出るんだよね」
「わたし、運動するとすぐ苦しくなって咳が出るの」
 こんな方、実はぜんそくかもしれません。そして、ぜんそくで要注意なのは小学生になってもこのような症状が残る「隠れ喘息」の方なのです。このまま放っておくと大人になってからひどい喘息が出てきてしまいその後の生活に苦労するかもしれません。

 隠れ喘息、ないし小学生以上の喘息の患者さんの状態を見る検査に「呼吸機能検査」というものがあります。
 お子さんに検査用の筒を加えてもらい、大きく息を吸ってから思いっきり全部息を吐いてもらいます。そうすると息を吐いた量(肺活量ですね)と息を吐くスピードが分かります。これらの関係を見て喘息の状態がある程度分かります。
 アレルギー専門医としては常識レベルの検査ですが、特にお子さん相手では手がかかる検査なので、忙しい多くの病院ではなかなかちゃんと出来ていないかもしれません。でも小学生以上の喘息患者さんの状態をちゃんと把握する、特に発作が出ているかどうかはっきりしない患者さんの状態を見極め…

初めまして、十日市場こどもクリニックです

初めまして。
この度2016年5月より横浜市緑区十日市場駅前、ホーメストプラザ十日市場東館2階で十日市場こどもクリニックを開業することになりました。

このブログではしばらくの間、開業までのいきさつや状況を皆様にお知らせします。
よろしくお願いします。
たまに更新しますので、気が向いたらまたお立ち寄りください。

地域の小児科医の役目で大事なのはその地域の子供たちの成長を
☆小児医療(病気の時の相談・治療)
☆小児保健(病気を予防するための相談・予防接種)
☆小児療育(障害児の相談、サポート)
の立場としてサポートすることだと思っています。
今後、私は十日市場を中心とした地域の方々にこれらを提供するつもりです。

では、今後ともよろしくお願いします。