スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

十日市場の子どもたちのかかりつけ医、そしてアレルギーの子供のかかりつけ医として思うこと

今晩は。
当院は16日より診療を再開しておりますが、夏期休暇前にはある程度減ったと勝手に判断していた手足口病の患者さんがまだまだいらっしゃることに驚いております。
更に、本来は秋に流行するRSウイルスは明らかに流行しています。
まずは手洗い、そして調子の良い人と悪い人でタオルを分けるのが基本です。
体調管理にはくれぐれもお気を付け下さい。

当院を開院する前から、そして開院してしばらく経った今も時折「患者さんたちが当院を受診するメリットは何だろう?」と考えています。
当院では採血は普通に行っておりますが、すぐに結果が出る検査項目はどうしても限られます。点滴やアレルギー関係の検査もたまに行いますが、大きな病院のように高価な検査器械もありません。
小児科医が院長1名で人手も多くありませんから1日に数百人の患者さんを診察するようなことは出来ませんし、長時間様子を見たり日をまたいで調子の悪い患者さんを入院で様子を見るようなことは出来ません。
つまり当院に限らず、クリニックで出来ることは大きな病院に比べるとどうしても限られます。

一方、患者さんからすると「医師が1人だけ」ということはメリットもあると考えています。
大きな病院だと調子が悪くて受診する度に先生が替わり、その都度初対面の先生に親御さんが色々説明をしなければならない状況になります。でも、当院のように医師が1人だけ、いつも同じ先生が診療するクリニックであれば、何度か受診されている方であればある程度今までの状況が分かっているので話しが早い、安心出来るという方が多いのでないでしょうか。カルテも当然自分が記載していますので少し見ればすぐに以前の状況を思い出せます。

また、アレルギーの患者さんは短期間で卒業できる患者さんもかなり多いのですが、年単位の長いお付き合いになる方も結構いらっしゃいます。どうしても大きな病院ですと部長クラスの偉い先生以外は数年ごとに入れ替わっていきますので(自分が知る限りでは)アレルギーなどの専門外来も1,2年ごとに違う先生になる、今度の先生が○人目、ということも決して珍しくありません。
担当の先生が替わるとまた別の視点で患者さんの治療方針などを見直すことが出来るので単純に「悪い」とは思いませんが、やはり患者さんからするとその都度新しい先生との関係を作りあげていくのは大変骨の折れる作業ではないかと案じま…

8月10日〜15日、当院夏期休暇中の近隣小児科診療予定をアップしました!

今日は。
当院は本日、10日から夏期休暇をいただいております。

上記期間に近医小児科で開院しているクリニックの営業時間を表にしてみました。横浜市緑区医師会HPの情報を加工して表にしてあります。
試しに9日の診察時にこの表を患者さん方にお見せしたらかなり好評でしたので、一部修正したうえこちらのブログで公開しておきます。
体調がいまいちだけど当院は休診で困る、どこのクリニックにかかれば良いか分からないという方の参考になれば幸いです。

因みに霧が丘のちはら小児クリニック様、中山の森の子キッズクリニック様は当院と同時期に夏期休暇を取られていますのでこの表には掲載しておりません。

なお、近隣の小児科医院が定休日になっていることが多い水曜日、8月10日と17日16日は診療しておりますし、お盆明けなどにかかりつけの先生が夏休みであればこの期間はご遠慮なく当院にお越し下さい。
念のた当院HP予約システムを予め確認していただけるとスムーズだと思います。

因みに8月19日の食物アレルギー教室、まだ枠が空いています。
食物アレルギーでお悩みの親御さんは大まかな話しをご理解いただけると今後色々と困ることが減らせると思います。
是非お待ちしております。

では皆様、良い夏休みを!

8月10日から15日は夏期休暇、19日は食物アレルギー教室です!

今日は。
今年の夏は手足口病が大流行ですが、少しずつ流行が収まりつつあるのを感じます。
代わりにRSウイルスによる風邪の方が非常に増えてきました。
以前は秋から冬にかけて流行することが多いといわれていましたが、時折夏にも流行が見られます。
大きなお子さんがこのウイルスにかかっても「普通の風邪」で済むことが多いのですが、赤ちゃんがかかるとゼーゼーして酸素の取り込みが落ちたりして、入院が必要になることもあります。
特に離乳食を始める前の小さな赤ちゃんは要注意です。鼻水が出てきただけでなくいつもより咳が出ている、ゼコゼコしていて心配で有れば是非小児科を受診して下さい。
手足口病もRSウイルスも、感染予防は手洗いが一番大事です。帰宅後の手洗い、そしてご自宅でも風邪の方とそうでない方はタオルを別にすることをお勧めします。

本日は今後の当院のスケジュールを下にいくつか書いておきます。

8月10日(木)〜15日(火):夏期休暇
ちょうどお盆の時期に当たりますが、夏期休暇をいただくことにします。
この時期に調子が悪くなったお子さんは恐れ入りますが近隣の小児科医院を受診していただければ幸いです。
なお、近隣の小児科医院が定休日になっていることが多い水曜日、8月10日と17日は診療しておりますし、お盆明けなどにかかりつけの先生が夏休みであればこの期間は当院を受診していただいても構いません。
是非気軽にお越し下さい!

8月19日(土)午後:第3回食物アレルギー教室
お陰様で当院も開院して1年以上が経過し、食物アレルギーでお困りの患者さんで当院を定期的に受診される方が増えました。
食物アレルギーに関しては普段お子様方を見ていらっしゃる親御さんに色々知識を付けていただくことが重要です。普段の生活で気をつけること、症状が出たときにどうすれば良いのか、今後の見通しなどは是非知っておいていただいた方が親子ともに普段の生活が楽になる、必要以上に食物アレルギーに振り回されずに済むでしょう。
当院では定期的に保護者教室を開催しておりますが、2週間後の8月19日土曜日午後に第3回食物アレルギー教室を開催します。
ご都合のつく方は是非ご参加下さい。
受付は当院の予約システムから可能です。
過去に受講した方も復習を兼ねて再受講していただいても構いません。
お待ちしております!

9月2日(土):臨時休診
この週末は日…