スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

最近の投稿

当院ホームページを改訂しました!

今日は。  相変わらず新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が気になる今日この頃です。  幸い子供や親御さんの世代はかかっても症状が重くなる率が低いものの、社会全体としてはお年寄りの方がかからないようにするためにも一人一人が「うつし合いを防ぐ」必要があると考えております。  おそらくかなりの長期戦になると思いますが根気強く出来ることをやっていきましょう。  一方、当院としてはCOVID-19を恐れすぎて適切なタイミングで予防接種や乳児健診、その他の受診が出来ていない方がある程度いらっしゃることを気にしています。感染対策には十分注意して行っておりますので、予約をお取りいただければご遠慮なく受診していただけると幸いです。
 さて、当院が開院してから4年余りが経過しました。  皆様のおかげで何とかやってこれたというのが本音です。  ご来院いただきました患者さんと親御さん方に改めてお礼を申し上げます。  開院してから4年余りの間にアレルギー関連の話は少し変化があり、また昨年からWeb問診を導入するなど開院当初から多少変化がありました。  今までも適宜このブログで情報をお伝えしておりましたが、その内容を踏まえて今回当院のホームページの改訂を行いました。  今回の改訂はホームページ業者様にもかなり労力を割いていただいた力作(のつもり)です。  当院の存在を知っていただくことは大事ですが、ただ単に閲覧者数を稼ぐのが目的では無く、当院を受診してくださる患者さんにとって有益な内容のホームページにするように心がけています。
 大きく変更したのは以下のコンテンツです。 当院の特徴:細かい修正とWeb問診の項目を追加しました。  基本的な考えは「当院の外、受診前に済ませられることは受診前に済ませていただく」ことです。  受診する場合も必要以上にクリニック内に滞在する必要はなく、その分ご家族の自由な時間をなるべく確保していただければと常々考えております。  クリニックで直接対面のうえ必要なことをしっかりお話し診察することは正確な診断、その患者さんにあった適切な治療を行うためにとても大事なことです。  そのため、当院では電話再診やオンライン診療はまだ取り入れておりません。  Web予約による受診時間および順番の予約、および受診前の問診票やWeb問診を記載することなど、受診されるご家族の時間をより有効に使うためにも自…

当院では4ヶ月健診、1歳半健診、3歳健診も承ります!(保健所集団検診の休診期間に該当する方に対して)※5月25日一部修正・追記有り

今日は。新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い社会的にも色々な影響が出ていますが、小児科医として最も気にしていたことの1つは区福祉保健センター(保健所)の集団健康診査(健診)、すなわち「4ヶ月健診、1歳半健診、3歳児健診」の休止でした。 適切な時期に健診を行うことで早いうちからお子さんに適切な対応を取ることはとても大事なことです。
本日医師会および横浜市から連絡があり、集団検診を特例措置として当院でも行うことになりました。 つまり、4月から6月に保健所の健診を受けられなかった方は代わりに当院で健診を受けることが出来ます!
※5月25日追記:6月も保健所の集団健診が中止になりました。
時間帯は当院での本来の乳児健診、予防接種の時間帯に先着順で承ります。
当院での受診をご希望なさる方は当院の予約システムで前日までにご予約ください。
★4ヶ月健診の方は「臨時健診4ヶ月:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業」を選択して下さい。 ※5月25日追記:ご希望なさる方で24週間以上前に初回B型肝炎ワクチンの接種を済ませている方は、今回の臨時健診と一緒にB型肝炎ワクチン3回目の予防接種も同時に可能です。その場合は予め「臨時健診4ヶ月:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業+B型肝炎ワクチン」の項目を選択してください。  受診当日に予防接種を追加することは出来ません。また、他のワクチンの同時接種はお断りします。
★1歳半健診の方は「臨時健診1歳6ヶ月:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業」を選択して下さい。  また、ご希望なさる方で3ヶ月以上前に水痘ワクチンの接種を済ませている方は、今回の臨時健診と一緒に水痘2回目の予防接種も同時に可能です。その場合は予め「臨時健診1歳6ヶ月:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業+水痘ワクチン」の項目を選択してください。  受診当日に予防接種を追加することは出来ません。また、他のワクチンの同時接種はお断りします。
★3歳健診の方は「臨時健診3歳:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業」を選択した下さい。  また、ご希望なさる方は今回の臨時健診と一緒に日本脳炎ワクチンの接種も同時に可能です。その場合は予め「臨時健診3歳:横浜市個別委託乳幼児健診(特例措置)事業+日本脳炎ワクチン」の項目を選択してください。  受診当日に予防接種を追加することは出来ません。また、他のワク…

風邪症状が4日以上続く場合は受診前に必ずWeb問診の入力か電話連絡をお願いします!

今日は。
早速ですが、厚労省から5月8日に以下の文書、「帰国者・接触者相談センター等に御相談いただく目安」が発表されております。
原文はこちらをご確認下さい。(PDF文書への直接リンクです) https://www.mhlw.go.jp/content/000628620.pdf

上記文書の一部のポイントを強調して以下に引用しておきます。 ○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)  ☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合  ☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合 (※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD 等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方  ☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。) (お子様をお持ちの方へ) 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 ※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。
上記発表もありましたので今後しばらくの間、37.5℃以上の発熱または咳が4日以上続く場合は以下いずれかの対応をお願い申し上げます。 1. 横浜市の新型コロナウイルス感染症帰国者・接触者相談センター、045-664-7761に予めご連絡していただき当院受診が妥当かどうかを確認して下さい。 2. 順番予約をお取りいただいたうえ予めWeb問診に情報を入力していただく、ないし受診前に電話でのご連絡をお願い申し上げます。
(受診前に当方よりご連絡を差し上げて上記、045-664-7761への連絡をお願いすることもあります)
Web問診ないし電話での事前連絡、ご相談により受診前に当院側で状況が分かっていれば上記症状の方でもなるべく診察させていただくつもりです。 しかし事前のご連絡なく37.5℃以上の発熱または咳が4日以上続く状況でご来院された方は順番予約をお取りいただい…

当院受診に関してのポイント集:まとめ(2020年5月)

いつも当院を受診していただき、またこのブログをご覧いただきありがとうございます。
 開院して4年が経過し、おかげさまで多くの患者さんに当院を受診していただけるようになりました。
 皆様が気持ちよく、そして効率的・効果的に当院を受診していただけるようにこの度「当院受診に関しての注意点」を再度改訂し、以下にまとめて記載しておきます。
当院の特徴:各外来に共通すること★当院は「予約優先」です。 院内で必要以上にお待たせすることを防ぐこと、診療時間を確保することにより診療の質を保つため、そして患者さん同士の風邪のうつしあいを少しでも防ぐために当院はいずれの外来も「予約優先」にしています。
 予約の順番が取れて順番通り、もしくは診療時間前にご来院いただれば責任を持って診察させていただきますので、予約だけは事前に当院の予約システムから頑張って確保してください。予約が取れればあとは気軽にご来院下さい。
 一般診療外来では予約無しでの直接来院もできる限り対応させていただきますが、長時間お待たせすることが多いうえ、運が悪いと受診出来ない場合もありますので順番予約をお取りいだだいてからのご来院を強くお勧めいたします。
 予防接種や乳児健診は60日前から前日までの予約です。状況次第では「次の次」の予約を取っていただいても構いません。
 アレルギー外来は受診された際に当方から次回予約をお取りしています。
★予約時間・日にち変更をご希望なさる場合は是非ご連絡ください。 確保してある受診予定の順番や時間までに予めご連絡いただければ、可能な範囲内ではありますが極力予約の日程・時間変更などを承っています。
 お子さんの体調が急に悪くなったり急な用事が発生して予定通りにご来院出来ない場合があるのは承知しておりますので、出来る限り融通はつけさせていただくようにしています。
 確かに予約時間直前でも患者さん側から予約システムでご自身の予約枠をキャンセルをすることは可能ですが、ご連絡なく直前にキャンセルされた場合当院スタッフも心配しております。直前のキャンセルはやむを得ない場合のみ、最小限にしていただき、可能であれば予め診療時間内にご連絡、御相談いただくことをお勧めします。もしかしたら当院側から患者さんにとってより良い選択肢をご提案出来るかもしれません。
 ただし、事前のご連絡なく予定の順番や時間にご…

当院受診に関してのポイント集:乳児健診・予防接種(2020年5月)

ここでは当院の乳児健診・予防接種に関する注意事項を記載しています。
★ 初めて当院の乳児健診や予防接種を受けられる方は当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページをご参照ください! 特に最近の予防接種のスケジュールは複雑になっています。より多くの病気を予防接種により防げるようになってきたのは間違いなく医学の進歩でありお子さんにとっても間違いなく良いことですが、親御さんにとってはそれだけわかりにくい、混乱しやすい状況になってきています。
 予防接種のスケジュールについては当院HPの「予防接種と乳幼児健診」ページでも解説しておりますのでまずはそちらをご参照ください。
 当院の予防接種予約では2ヶ月から5ヶ月までに接種するワクチンのセットを作成してあります。そちらを選んでいただくと分かりやすいと思います。また、1歳過ぎでは不活化ワクチンセットを選んでいただき、1週間以上後に生ワクチンセットを選んでいただくと分かりやすいです。
 ご参照いただいても打つ順番や適切なタイミング、適切な組み合わせが分からない場合、迷う場合はご遠慮なく診療時間中に電話で御相談いただいても構いません。ただし、話しが複雑すぎるなどの理由でお電話での説明が難しい場合は受診していただき、直接対面形式で相談させていただくこともあります。

★ 当院の乳児健診・予防接種は事前予約制です。 現時点では60日前から前日まで予約システムで事前に予約を取れますので、状況次第では「次の次」の予約まで入力が可能です。
 当院の乳児健診・予防接種の予約はインフルエンザワクチンを接種する時期、10月から12月までが大変混み合います。この時期に該当する方はなるべく早いタイミングで予約を入れていただくことを強くオススメします。
 一方、直前の時期でもキャンセルが発生した分虫食いのようにぽっかりと予約枠が空いていることがあります。宜しければ是非ご利用ください。
 また、乳児健診と予防接種の予約を同じ日の立て続けの時間(例えば14時半の乳児健診枠と14時45分の予防接種枠)に入れていただくのは通院回数が減らせますのでお勧めします。例えば1歳になった直後に12ヶ月健診と不活化ワクチン3種類接種、ないし生ワクチン3種類接種を同時に行うことが出来ます。
 7ヶ月から11ヶ月の間の赤ちゃんは、乳児健診と同時にB型肝炎ワクチン3回目の接種が可能…

当院受診に関してのポイント集:アレルギー診療(2020年5月)

当院、十日市場こどもクリニックでは横浜市緑区内の数少ないアレルギー専門医として、主に小児を対象とした完全予約制のアレルギー外来を開いています。

★ 当院の売りその1:食物アレルギー診療 院長は小児アレルギー診療を専門としており、特に一番得意な食物アレルギーに関しては十日市場地域のみならず横浜市緑区および周辺地域の方を診療させていただいています。
 食物アレルギーに関しては少しでも食べておいた方が治りが良い、逆に食べないと治らないどころか食べられなくということが分かりつつあります。一方、リスクの高い方、例えばたくさん食べるとゼーゼーするなど強い症状が出る患者さんががどのタイミングでどのくらい食べれば良いか、というさじ加減はまだ専門家の領域ですので是非当院で御相談下さい。
 また、最近では乳児湿疹やアトピー性皮膚炎が食物アレルギーやダニアレルギーにかなり悪さをすることが分かってきたので、食物アレルギー予防のためにも赤ちゃんの肌荒れにも積極的に対応しています。食物アレルギーが出てからでも当院では専門病院に準じた対応が可能ですが、長年多くの食物アレルギーの患者さんを診療してきた立場からすると「食物アレルギーは予防できるに越したことはない」です。
 赤ちゃんの肌荒れが気になるようでしたら是非早めに近くの先生を受診してください。十日市場周辺地域の方でしたら是非当院にお越し下さい。まず赤ちゃんのお肌をつるつるに、きれいにしましょう。

★ 当院の売りその2:乳児湿疹、小児アトピー性皮膚炎診療 お子さんの乳児湿疹、アトピー性皮膚炎の治療も積極的に行っています。
 特に最近、赤ちゃんの乳児湿疹やアトピー性皮膚炎を良い状態に保つことで将来、多くのアレルギーを予防出来ることが分かってきました。ただ皮膚の状態を良くして親子共々余計な苦労をしなくて済む(QOLを上げる)だけでなく、食物アレルギーやダニアレルギーを予防するために赤ちゃんの皮膚は積極的に丁寧に治療させていただいております。
 またお薬を処方するのが目的ではなくお子さん方の皮膚の状態を良くする、良い状態を保つのが当院の治療の目的です。よってステロイドの塗り薬などをただお出しするだけでなく、使い方の説明やスキンケアについての説明もなるべく行っています。
 上記のように赤ちゃんの湿疹、アトピー性皮膚炎は徹底的に治療するようにしていま…