スキップしてメイン コンテンツに移動

「みどりーむ」で食物アレルギー講演会を行いました!

今晩は。
例年よりやや早くインフルエンザが流行し始めているようです。
当院でも少数ですがインフルエンザA陽性の患者さんが出ています。
いつの間にか年末になり、皆様お忙しい時期だと思いますが体調にはくれぐれもお気を付け下さい。

さて、今日は中山のみどりーむ(緑区市民活動支援センター)の「第92回 サロンふらっと」で食物アレルギーの講演会を行いました。
ご協力いただいたスタッフの皆様、そしてご参加された皆様ありがとうございました。
普段は保護者や学校の先生にお話しすることが多いのですが、今日はいつもより年齢層が高い方々もいらっしゃったのでご満足いただけるかどうか少々不安がありました。
ただ、先ほど確認したところアンケート結果は普段に比べて特段悪いわけでは無かったので一安心しております。
皆様にご理解いただけたかどうかは後日ちゃんと確認しておきます。

院長は常々「伝える」ことと「相手が理解する」ことは別だと思っています。
ただ話しっぱなしの講演会も否定はしませんが、少なくとも自分の話した内容、伝えたい内容はなるべく理解していただきたいと思っています。
研修の効果を測定する方法の1つとして、以前より「カークパトリックの4段階評価法」というものが用いられています。
簡単に書きますと
レベル1:反応、研修に対する満足度
レベル2:学習、学習者の学習到達度の評価
レベル3:行動、行動変容(実際の行動に変化が見られたか)の評価
レベル4:成果、学習者や職場の業績向上の評価
となります。
一般的にはレベル4=業績向上や目標達成のためにレベル3=行動変容があり、そのためにレベル2、レベル1があるという考えです。
研修でカバーできるのは基本的にレベル1,2の範囲にとどまります。レベル3,4が成り立っているかどうかの評価は実際の現場で活かされているかどうかを確認することになります。
私の行う食物アレルギー関連の講習会ではせめてレベル1,2の範囲でもちゃんと成果を確認して改善をすることによりレベル4、食物アレルギー患者さんの生活の質を上げることに結びつけられれば良いと思っています。
カークパトリックの4段階評価法については検索すると色々な所に解説がありますのでご興味のある方は是非ご覧下さい。

以前より院長は保護者の皆様や学校や保育園の先生など子供に係わる方々に対して食物アレルギーの講演会や講習会を多数開催しております。
講演会は避ける先生も多いのですが、自分はライフワークとして講演料にはあまり拘らずに目的と日程さえ合えば極力お引き受けしています。
その代わりと言っては何ですが、上記のレベル1,2の評価として開始前後のクイズとアンケートを行い皆様の理解度や満足度を確認し適宜改善をおこなっています。そしてそのデータを元に保護者や一般市民の方がなるべく病気などについての理解が出来るような伝達方法、理論を作って行きたいとの野望(?)を持っております。
現在はクリニックの仕事で手一杯で学会発表するのが精一杯ですが、もう少し落ち着いたら講演会やeラーニング教材作成ももう少し本格的に行って論文として発表することを目標としています。

ということで、食物アレルギーに限らず他の小児に関する内容でも可能なものは講演・研修をなるべくお引き受けするつもりです。
同時に院内での保護者向け講演会もそのうち行いたいと思っておりますが、現在色々と調製中ですのでもう少しお待ちください。
では。

コメント

このブログの人気の投稿

ホームページ公開しました&小児科指導医資格を取得しました

こんにちは。
インフルエンザの流行が本格的になってきました。
勤務先のスタッフの家族がインフルエンザにかかった、という話しもちらほらと聞こえてくるようになりました。
くれぐれもマスクと手洗い、心がけてください。

先ほどですが、当院のホームページがアップされました。
是非ご覧ください。
http://tokaichiba-kodomo.jp/
このブログと似たアドレスを取得しております。
開院後は本格的なHPを公開する予定ですが、開院まではこの簡易ホームページとこのブログで情報発信させていただきます。

また、最近一つ院長の資格が増えました。
日本小児科学会では今まで専門医以上の資格がなかったのですが、専門医制度改革に合わせて「指導医」という資格が新設されました。
取得条件としては
☆ 小児科専門医を取得して1回以上更新すること
 5年ごとに更新するのですが、その際には学会などの出席点が必要となります。
☆ 小児科医のための臨床研修指導医講習会受講、またはeラーニング受講
 これは以前在籍していた病院の上司の計らいで上記講習会を受講済みです。
 eラーニングも一通り完走済みです。一応eラーニングの専門家を養成する大学院に在籍するので色々コメントは出来ますが、それはまた別の機会にさせていただきます。
☆ 2011 年 1 月以降に、査読制度のある雑誌に小児科関連論文:1 編の掲載(共著可)
 昨年秋に、該当する論文を自ら執筆し発表しております。
 査読制度のある雑誌に自分の論文を掲載していただくことは結構なハードルがあります。
 共著可なので自分が論文を書かなくても条件を満たすことは可能ですが、、、
以上の条件を満たしたので、このたび指導医の資格をいただくことが出来ました。

確かに小児科指導医の資格がなくても小児科診療は出来ますし、医師免許さえ有れば小児科指導医どころか小児科専門医の資格がなくても小児科診療は出来ます。
さすがに専門医を取得していないのに専門医を標榜している先生はいらっしゃらないと思いますが、専門医を取得しておきながら自ら進んで公表していない先生もいらっしゃるかもしれません(表示の義務はありません)。
実際に小児科専門医の資格を持っていないが素晴らしい小児科診療を実践されている先生を私は存じ上げておりますし、逆に専門医の資格を持っているから患者さんにとっ…

9月1日朝9時頃よりインフルエンザワクチン予約を開始します!

今日は。
 先日第一報をお伝えしましたが、当院では今年度もインフルエンザワクチンの予防接種を行います。
 以下、かなり長文になりますが一通り目を通していただいてからのご予約、ワクチン接種をお願い申し上げます。

★インフルエンザワクチンを接種した方が良いのはどんな人?当院では基本的に1歳以上のお子さん全員、そして親御さん方はインフルエンザワクチンを接種することをお勧めします。
 1歳以上であればインフルエンザワクチンを接種することにより症状が重くなること(特に脳炎・脳症は分かった時点で既に手遅れのことがあり怖い病気です)をある程度防げますし、インフルエンザにかかるのもある程度は防げるというデータが出ています。
 確かにワクチンは接種することにより副反応、その人に良くない症状が出ることもありますが、ワクチンを打ったときと打たないときでインフルエンザにかかる率や症状の重くなる率を天秤にかけて考えると、1歳以上の方はインフルエンザワクチンは接種しないよりした方が比較的(絶対ではありません)健康に過ごせる可能性が高いと当院では判断しています。
 なお、1歳未満の方に関しては残念ながらインフルエンザワクチンを接種しても十分には効かないかも、というデータが現時点では出ています。この点に関しては先生により色々意見が分かれる所だと思いますが、当院では1歳未満のお子さんに関してはインフルエンザワクチン接種は予約システムからの予約が出来ない仕様になっています。ただ、6ヶ月以上のお子さんは打ってはいけないわけではないので、保育園に通っているお子さんなどでどうしても接種したいというご希望のある方は診療時間内に電話で、ないし診察時に直接お問い合わせください。親御さんの十分なご理解と了解をいただいた上、接種枠が空いているようであればご予約を承ります。
 また、卵アレルギーのある方でインフルエンザワクチン接種が可能かどうか、というお問い合わせをよくいただいております。当院では過去にインフルエンザワクチン接種後に重い症状(副反応)が出た方以外はだいたい接種しています。可能で有れば予め受診、ご相談下さい。
 接種回数ですが、当院では原則的に12歳以下は2〜4週間空けて2回接種をお勧めしています。13歳以上は1回接種です。
 上記接種期間を外れる場合はご遠慮なくご相談ください。予約枠が満員の場合強引…

土足?履き替え?

こんにちは。
 春一番が吹いたと思ったら花粉が飛び始めましたね。
 私自身も花粉症持ちなので杉花粉の飛び具合はよく分かります。

 ちなみに院長は花粉症の治療も行っています。
 従来通りの症状を抑える薬を適切に処方することは当然可能です。加えて、12歳以上であれば「シダトレン」という薬による花粉症の治療が可能です。この薬の処方、治療は許可制となっているのですが、院長はその資格を持っています。
 ただし、有る程度根気が要る上に全ての人に対して有効な治療ではないので、検査と十分な説明をさせていただいてから治療を本格的に行うかどうか決めることになります。
どちらにしろ花粉症のシーズンが終わってから、つまり当院が開院してからまもなく治療が可能になりますので、興味のある方は開院後に是非お問い合わせください。もしよろしければ「シダトレン」で検索して、当院に相談する前に予め情報を入手しておくと相談は更にスムーズになるでしょう。
 機会があれば花粉症関連の話は後日、詳しく記載させていただきます。

 それはともかく、十日市場こどもクリニックの内装もほぼ完成してきました。
 昨日もまたクリニックの中に入り、どこに何を置くのかなど現場を見ながら色々考えておりました。悩ましいのですが受診する皆様のための「前向きな悩み」なので、やりがいがあります。

 実は当院の設計でかなり悩んだことが一つあります。
 自分も患者として他のクリニックにお邪魔する機会が時折あります。
 靴を脱いでクリニックに上がり、スリッパに履き替えるクリニックも結構ありますし、そのまま土足で診察室などに入るクリニックもたくさんありますね。
 では、当院は「院内を土足にするか、履き替えにするか」、どうしよう?
 今日はこのことについて書いてみます。

★ 院内スリッパ履き替え、ないし裸足方式
 この方式のメリットとして、特に床暖房も設置すると冬場は患者さんも職員も非常に快適だと思います。あとは、小さいお子さんが床に這いつくばっても余り気にしなくて済むのは親御さんにとって楽だと思います。靴を脱げると楽だ、というお母さんも多いのではないでしょうか。
 クリニック側からのメリットは床が汚れにくい、ということではないかと思います。患者さんの立場からも、他の条件が同じであれば床がきれいなクリニックの方が印象がよくなりますよね。

 ただし…