スキップしてメイン コンテンツに移動

インフルエンザのうつし合いを防ぐ:感染対策

こんにちは。
今年も漸くインフルエンザの流行が始まりました。
皆さんもマスク、手洗いをしっかしして風邪の予防に気をつけてください。


院長は各勤務先で感染対策、つまり院内での風邪やインフルエンザ、胃腸炎などのうつし合いの予防対策にも関わってきました。
せっかくですので今日はこのあたりの話しについて少々書いておきます。

まずは皆様がわかりやすい様にあえて「風邪」と書いてしまったのですが、いわゆる「風邪」の原因は色々あります。
ウイルスやばい菌、それらの親戚みたいな原因があります。
そして、症状も咳が出たり鼻水が出るような風邪があれば、吐いたり下痢をする胃腸炎もあります。最近は減ってきましたがみずぼうそう(水痘)、おたふく風邪(ムンプス)、はしか、風疹もこの類いに入ります。

ウイルスやばい菌は3つの方法で人から人にうつります。
1. 触ってうつる(接触感染)
2. 飛んでうつる(飛沫感染)
3. 空気の中で浮いてうつる(空気感染)

インフルエンザは基本的に「飛んでうつる」タイプです。

「飛んでうつる」とは、咳をしたときにくしゃみで2〜3m飛ぶ、ということです。
なので、飛んできたインフルエンザウイルスを吸い込んでしまうとウイルスが体の中に入り、そこで増えればインフルエンザにかかってしまうことになります。
では、うつされないためにどうするか?
ということは飛んできたウイルスが体の中に入らないようにすれば良いのです。

そのために一番有効なのは「マスク」です。

マスクは使い捨ての紙のマスク、いわゆるサージカルマスクであれば十分に効果があるというデータが既に出ています。
例えてみると、泥棒が不用意に自分の家の中に入ってこれないように鍵をするわけです。
最近はドラッグストアやコンビニでも売っているので手に入れやすくなりました。

ただし、いくつか注意点があります。
☆ 口だけでなく鼻も覆ってください!
 口だけでなく鼻からもウイルスは入ります。
 表玄関だけでなく勝手口も鍵をしないと泥棒は入ってこれます。
☆ マスクの表側には触れないでください。
 マスクの表側には口や鼻の中に入る前にブロックされたウイルスがついている可能性があります。
 鍵を外して玄関を開けたら泥棒が目の前にいるような状況があり得ます。屈強な男性ならともかく、力負けして強引に入られると困りますよね。

あとは、風邪対策としては多くのばい菌、ウイルスに対して手洗いも有効なことが分かっています。
別の機会に詳しく書きますが、「触れてうつる」ばい菌、ウイルスもいっぱいあります。
外から帰ってきたら必ず手洗いをする習慣をつければ、風邪にかかりにくくなります。

十日市場こどもクリニックもおそらく来年の今頃には熱が出てインフルエンザかも、という患者さんがいらっしゃることでしょう。
患者さん本人に対して適切な対応をすること(検査して薬を出しておしまい、ではありません!)はもちろん大事です。
それに加えて当院ではインフルエンザなどのうつし合いを家族内でいかに減らすか、という視点からも診察させていただければと思います。
子供のインフルエンザが治っても、他の兄弟やお父さんお母さんにうつると大変ですよね。
そして、当院にいらっしゃった方々どうしでも出来るだけうつしあいを減らせるように心がけていきたいと思います。
ずっと院内で待ち続けるのではなくネットを使った順番予約制を採用する、アレルギーの患者さんなど予約外来メインの日・時間を作る、できるだけお互いにマスクをすること、他にもいくつかの方法を組み合わせて診察させていただきます。
ご期待ください。


ちなみにクリニックは内装工事が進んでいます。
昨晩、こっそり中を見てきました。
待合室や経口食物負荷試験用の部屋、通常の診察室や(今回の話しにも関わりますが)感染症用診察室、授乳室など色々な部屋の骨組みが出来てきています。
こちらもどのような形に出来てくるかがとても楽しみです。





では。

コメント

このブログの人気の投稿

当院の予約に関してのポイント集、是非ご参考になさってください!

今晩は。
インフルエンザの大流行の間、しばらくブログ更新をお休みしてしまいました。
当院も開院して2年弱が経過しましたが、お陰様で地域の小児科クリニックとしても小児アレルギー専門クリニックとしても多くの患者さんにお越しいただけるようになり非常に有りがたく感じています。

せっかくの機会ですので、ご予約に関しての注意点をまとめて記載しておきます。
一般診療外来 一般診療外来は以前より予約が埋まることが増えてきたので、一般診療予約は早めに順番をお取りいただくことをお勧めします。
当日午前中分は7時半から、午後分は正午から予約開始です。
順番予約をお取りいただいた場合、午前中で早めの順番が確保出来た方は少し早めにご来院いただけると助かります。現状では午前の早い時間は意外とすいていると思っていたら、後から一気に患者さんが押し寄せて待合室がいっぱいになり待ち時間も一気に増えることが多いです。
また、直接ご来院いただいた患者さんにもできる限り対応させていただいておりますが、事前にご予約いただいた患者さんよりは明らかにお待たせしておりますので予めご了承ください。

アレルギー外来 完全予約制のアレルギー外来枠もお陰様で直近1ヶ月がほぼ予約で埋まるようになってきました。アレルギー外来の予約時間にご来院出来ない場合、事前にご連絡をいただければ極力出来る限りの対応はさせていただいております。アレルギー外来枠の空いている時間への変更が可能ですし、遅刻する可能性がある場合も予めご連絡いただければなるべく診療時間を確保しています。

これはアレルギー外来だけでなく乳児健診・予防接種も共通の事項ですが、、、
例えば14時半から14時45分までの予約枠の場合
★14時半までにお越しいただければ十分な時間を確保出来ます。
 ただし予防接種、乳児健診で当院を初めてご利用される場合はカルテ作成やアンケートなどがありますので、10分ほど早めにお越しいただいた方がスムーズです。
★14時半から14時45分前にお越しいただいた場合はなるべく一通りの対応をするようにしていますが、その分14時45分以降予約の患者さん方をお待たせする可能性があります。
★事前連絡無く14時45分以降にご来院いただいた場合には出来る範囲での対応は行いますが、予定していた検査や説明が出来ない場合があります。最悪、診察なども出来ずそのままお帰…

ホームページ公開しました&小児科指導医資格を取得しました

こんにちは。
インフルエンザの流行が本格的になってきました。
勤務先のスタッフの家族がインフルエンザにかかった、という話しもちらほらと聞こえてくるようになりました。
くれぐれもマスクと手洗い、心がけてください。

先ほどですが、当院のホームページがアップされました。
是非ご覧ください。
http://tokaichiba-kodomo.jp/
このブログと似たアドレスを取得しております。
開院後は本格的なHPを公開する予定ですが、開院まではこの簡易ホームページとこのブログで情報発信させていただきます。

また、最近一つ院長の資格が増えました。
日本小児科学会では今まで専門医以上の資格がなかったのですが、専門医制度改革に合わせて「指導医」という資格が新設されました。
取得条件としては
☆ 小児科専門医を取得して1回以上更新すること
 5年ごとに更新するのですが、その際には学会などの出席点が必要となります。
☆ 小児科医のための臨床研修指導医講習会受講、またはeラーニング受講
 これは以前在籍していた病院の上司の計らいで上記講習会を受講済みです。
 eラーニングも一通り完走済みです。一応eラーニングの専門家を養成する大学院に在籍するので色々コメントは出来ますが、それはまた別の機会にさせていただきます。
☆ 2011 年 1 月以降に、査読制度のある雑誌に小児科関連論文:1 編の掲載(共著可)
 昨年秋に、該当する論文を自ら執筆し発表しております。
 査読制度のある雑誌に自分の論文を掲載していただくことは結構なハードルがあります。
 共著可なので自分が論文を書かなくても条件を満たすことは可能ですが、、、
以上の条件を満たしたので、このたび指導医の資格をいただくことが出来ました。

確かに小児科指導医の資格がなくても小児科診療は出来ますし、医師免許さえ有れば小児科指導医どころか小児科専門医の資格がなくても小児科診療は出来ます。
さすがに専門医を取得していないのに専門医を標榜している先生はいらっしゃらないと思いますが、専門医を取得しておきながら自ら進んで公表していない先生もいらっしゃるかもしれません(表示の義務はありません)。
実際に小児科専門医の資格を持っていないが素晴らしい小児科診療を実践されている先生を私は存じ上げておりますし、逆に専門医の資格を持っているから患者さんにとっ…

久々に新規スタッフ(常勤事務職、パート事務職、パート看護師)を募集します!

今日は。
どうやらこの週末でスギ花粉はほぼ飛散が終わったようです。
院長もスギ花粉症があるのですが、漸く出歩くときにもマスクが要らなくなり開放感を味わっています。

さて、久々になりますが当院では新たな仲間、スタッフを募集します!
当院も開院から2年弱が経過し、おかげさまで十日市場地域のお子さんたちや周辺地域の小児アレルギー患者さんにたくさんご来院いただける様になりました。
患者さんをお迎えし診療する体勢を整えるため、今週から久々に求人を開始させていただきます。
詳しくはこちらをご覧ください。
当院HP:[http://tokaichiba-kodomo.jp/recruit/index.html]
また、応募される方は下記からの申し込みをお願い申し上げます。
とらばーゆ看護:[https://toranet.jp/medical\_p/jb\_2008/ped\_01/la\_12/52442081/]
タウンワーク:[https://townwork.net/detail/clc\_3559972001/]
では、よろしくお願い申し上げます!